CoinPostで今最も読まれています

金融庁の認可を待つ米Coinbase、日本の仮想通貨市場に不可欠な要素を語る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Coinbaseの副社長兼取締役本部長Dan Romero氏が今後の日本での展開について語る
仮想通貨取引所Coinbaseの副社長Romero氏が、同社の今後の日本での展開について語った。 同氏は、成熟した市場を持つ日本おいて必要な要素を語り、日本市場展開への強気な姿勢を示した。

仮想通貨取引所Coinbaseが考える日本でのサービス展開に不可欠な要素とは

Coinbaseの副社長兼取締役本部長Dan Romero氏(以下、Romero氏)が、海外仮想通貨メディアdiarとの対談で、Coinbaseの今後の日本での展開について語った。

Coinbaseは、米国における最大規模の仮想通貨取引所で、日本進出を行うべく、仮想通貨交換所のライセンス制度の登録申請を行なっている。今年中の交付を目指しており、金融庁との連携も強化してきたほか、日本最大の銀行の一つであるMUFJ(三菱UFJフィナンシャル・グループ)ともパートナーシップを締結しており、2016年には10億円を超える出資もMUFJより受けている企業だ。

日本進出に先駆け、日本の企業や機関と近い関係を築き、それぞれの地域で求められるユーザー体験に基づいたローカライズに集中している状況にある。

まずRomero氏は、日本のような成熟した仮想通貨市場においては、単なる取引所ではなく、平価切り下げや金融包摂へのハードルなど、日本におけいて、まだカバーされていない分野へのソリューション提供の必要性を強調した。

これは、Coinbaseが提供するOTC取引カストディサービスなど取引所周辺サービスなどの包括的な対応が当たると思われるが、セキュリティから取引までが一元化された現在の日本仮想通貨市場の状況に変化が出てくる可能性が考えられる。

同社のグローバルビジネスディベロップメント部門の責任者であるSam Rosenblum氏も、これまで日本で起きている流出事件などを踏まえた上で、使いやすさと安全性、信頼の獲得がサービス展開において重要であることを強調しているなど、日本の仮想通貨需要に答えるサービスの展開を行うという。

日本の市場ついては、Romero氏以下のように述べた。

「アメリカやヨーロッパのような発展した金融システムがある成熟した市場においてのユースケースは、新興市場におけるものとな異なってくる。我々のミッションは、仮想通貨が投機の対象以外の部分として機能するエコシステムの構築だ。それらの技術を実用のフェーズに引き上げる必要がある。」

そして、今後の展開については以下のように続けている。

「2019年とそれに続く年は、数々の国が仮想通貨への容易なアクセスを提供できるようになる。我々はラテンアメリカやアフリカ、東南アジアといった国々にも積極的にサービス展開を模索している。」

世界各国に包括的なサービス提供を目指す同社は、日本を含むアジア人の顧客が、米国外の銀行口座から資金の入出金が行えるよう、SWIFTを利用した電信送金サービスも提供も行う予定を発表している。アジア圏からの需要拡大や、特に大口取引を行う顧客向けのサービス拡充に向けた動きとなる。

Coinbaseが、日本でサービスを開始することで、日本の仮想通貨市場に変化が期待されている格好だ。また、アジアや世界においてどのような形で仮想通貨の実用化、それに伴うサービスを展開していくのか。今後も同社の動向には注目したい。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。

CoinPostの関連記事

米仮想通貨取引所Coinbase、東京を拠点にアジア圏の「大口顧客向け」サービスを拡大へ
ビットコイン(BTC)低迷のなか、大手取引所の大口・機関投資家向けサービス拡大が相次いでいる。米コインベースは、アジア地域の大口顧客に向けて、同取引所が機関投資家向けに提供している取引プラットフォーム及び、カストディ業務を拡大する方針を発表した。
米大手投資コンサル企業が仮想通貨取引所Coinbaseのアカウントと統合|顧客の暗号資産追跡可能へ
米投資コンサルタント企業Wealthfrontが、米大手仮想通貨取引所Coinbaseのアカウントとの統合を公式ブログより発表。Coinbaseに口座を持つクライアントは自身の暗号資産の追跡が可能になるという。また、そのような新たな資産クラスのデータを収集することによる資産運用パフォーマンスの向上が期待されている。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/01 木曜日
09:45
暗号資産交換業者「エクシア・デジタル・アセット」に行政処分
関東財務局は、仮想通貨交換業を営むエクシア・デジタル・アセット(旧LastRoots)に対し、行政処分を行なった。交換業を適正かつ確実に遂行する体制の整備が行われていないとし、処分の内容や理由を説明している。
08:15
通信アプリ「テレグラム」 独自のDEXを開発する計画
プライバシートークアプリ「テレグラム」のCEOは1日、テレグラムが分散型取引所および自己管理型ウォレットを開発する計画を明かした。
08:00
アート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM」共同創業者インタビュー
6ヶ月で30倍に高騰したアートNFTを輩出するなど注目を集めるアート・NFT分散型保有プラットフォーム「STRAYM(ストレイム)」。今後の注目セールや展望について、共同創業者にインタビューを実施した。
07:45
Uniswap、NFTアグリゲーターをローンチ
Uniswap Labsは11月30日に、Uniswap独自のNFTアグリゲーターマーケットプレイスをローンチした。
07:15
リップル社、仮想通貨マーケットメイカーに出資
米リップル社は、仮想通貨のマーケットメイカーKeyrockに出資。同社は今回のシリーズBのラウンドで約99億円を調達しており、今後は欧州や米国、シンガポールで事業拡大を目指す。
06:55
1日朝|NYダウ・仮想通貨市場全面高
今日のニューヨークダウ平均や金先物価格はパウエル米FRB議長のハト派的な発言などを受け上昇。ビットコインや仮想通貨関連株も全面高。
11/30 水曜日
19:30
ブラジル議会、決済手段としてのBTCを承認へ
ブラジル下院は29日、ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を決済手段として認定する法案を可決した。今後は大統領の署名次第で施行されることとなる。
19:05
ソラナ基盤のSerumが閉鎖、Openbookがローンチ
ソラナ基盤のDEXインフラプロジェクト「Project Serum」は、Serum コードのフォークによりローンチされた新たなDEX「Openbook」を発表した。
18:33
岸田政権、Web3.0の環境整備に向けたロードマップ示す
岸田政権による「スタートアップ育成5か年計画」の内容が決定した。ブロックチェーン技術とWeb3の税制を含む環境整備が含まれている。
17:18
バイナンスが日本進出へ、サクラエクスチェンジ買収
世界最大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが日本進出を発表した。サクラエクスチェンジの全株式譲渡を受け、完全小会社化する。
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧