年間6600億円の国際送金行う米企業Remitly、リップル社のブロックチェーン技術に関心示す

Remitly、リップル国際送金に大いなる関心を寄せる
年間送金額60億ドル(約6600億円)を誇る国際送金企業Remitly社のCEOであるMatthew Oppenheimer氏が、リップル社の国際送金技術に大きな関心を寄せている事を明らかにした。

リップル社の送金技術に関心示す大手送金企業

国際送金サービス額年間60億ドル(約6600億円)の米ユニコーン企業RemitlyのCEO、Matthew Oppenheimer氏が、リップルを利用した国際送金に大きな関心を寄せている。

私は今、我々の様な金融機関がコストカットの為にどうやってブロックチェーン技術を取り込んで行けるかを摸索しているところです。そうすればユーザーにとっても送金手数料は安くなるし、ACH(Automated Clearing House の略。安価で送金出来るが時間がかかる。)よりも送金スピードが速くなる。

リップル国際送金を導入する銀行

ここ最近、各国の銀行がぞくぞくとリップルを利用した国際送金サービス導入を発表している。

アジア最大の銀行CIMBグループがRippleネットワークの導入を発表、また、ロンドンを拠点とする輸出入企業に金融サービスを提供することを主眼とするEuro Exim Bankもクロスボーダー決済に、XRPを使用していることを公表している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

リップル社の投資部門、仮想通貨XRPのユースケースに特化する「XRPL」へ出資|最新版XRPレジャーのリリースも
リップル社のVC部門「Xpring(スプリング)」は14日、中小企業を対象に、XRPの実用に特化した『XRPL』へ出資を行なったことを発表した。
仮想通貨XRPとxRapid利用の送金企業、マスターカードやリップル社などの著名企業から資金調達成功
xRapidの利用を予定するSendFriendは新たに、リップル社、英バークレイズ銀やマスターカード財団から約1億8790万円を調達したことを発表した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら