ロシア政府、仮想通貨の規制の策定期限を7月に定める|ビットコイン市場における重要指標に

ロシア、仮想通貨の規制策定へ
ロシア連邦のプーチン大統領が連邦議会に対し、7月1日までに仮想通貨に関する法案を提出するよう期限を設けていたことがわかった。大国ロシアが仮想通貨にどのような姿勢を取るのか、注目が集まる。

ロシア連邦プーチン大統領、仮想通貨法案7月に期限設ける

ロシア連邦のプーチン大統領が連邦議会に対し、7月1日までに仮想通貨に関する法案を提出するよう期限を設けていたことが、大統領のオフィシャルウェブサイトKremlin.ruの掲載内容で明らかになった。

プーチン大統領が連邦議会に法案の必要があると述べた47の案件の中には、以下のように仮想通貨の規制を求める内容も含まれていたが、具体的な期限を定めたのは今回が初めてだ。

デジタル経済の発展を目的とした連邦法。この中には、電子化された取引における民事法の裁定、デジタル資産やデジタル技術を使用した財源の誘致などに関する項目が含まれる。

担当:ドミートリー・メドヴェージェフ、ヴャチェスラフ・ヴォロージン

期限:2019年7月1日

大国ロシアは、これまで仮想通貨に関する規制を明確化していなかったが、仮想通貨に対する関心度の高さはこれまで多くの報道から明らかになっている。

先月には、ロシア最高裁判所は資金洗浄に関する法案を改正し、仮想通貨を活用したマネーロンダリングを禁止する条項を加えたほか、直近でも元ロシア連邦エネルギー省大臣のIgor Yusufov氏が考案した原油を担保とした仮想通貨を発行する計画も発表されている。

仮想通貨に関する公開事例

なお、過去のロシアの最高裁の判決には厳しい事例も見られている。

昨年2月、仮想通貨ビットコインの情報を提供するサイトが、ロシア最高裁判所から運営停止を下された判決の中で、最高裁側は「仮想通貨は違法な薬物、武器、偽造書類の取引やそのほか違法行為を促進するものである。」との見解を示し、ロシア最高裁はビットコインを含む仮想通貨は闇社会の促進を育むものであるとした上で、ロシア国内での仮想通貨の合法的な利用はできないとの厳しい意見が述べていた。

また、仮想通貨のマイニングは採掘業者が一定の電力消費量を超えた場合、課税対象となるほか、中央銀行が特別に許可する事例を除き、ICOには適格投資家のみが参加できる仕組みだ。なお、仮想通貨やそのほかのトークンは法定通貨としてではなく、法的には「財産」の下に当たる。

米国からの厳しい経済制裁や、貿易などにおける米ドルの基軸通貨化を避けたい国によっては、違う視点で仮想通貨を前向きに捉える国家も出てきているなかで、大国ロシアにける仮想通貨の規制が今後どのような形で明確化されていくのか?国策として利用するのか、または厳しい立ち位置を示すのか、注目が集まるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ロシア最高裁、「仮想通貨」を利用したマネーロンダリングを規制する改正法を施行
地元メディア「Pravo」によると、露最高裁は、仮想通貨を利用した違法行為(資金洗浄)についての条項を新たに定めた。改正法施行により、犯罪目的で利用された仮想通貨は資金洗浄された資金とみなし、違法行為として取り扱われる。
ロシア政府、米経済制裁を受け1兆円相当の予算を仮想通貨ビットコインに投じる構想|露大学教授が明かす
ロシア政府はアメリカ政府からの断続的な経済制裁を受け、2月に約1兆円をビットコインへの分散化する事を検討している事が露経済学者の話で判明した。50兆円の予算を有するロシアは2月から1兆円分のBTC購入を検討している様だ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら