ベネズエラ政府、仮想通貨ビットコインとライトコインの「国際送金サービス」開始

ベネズエラ政府、ビットコインとライトコインの国際送金サービスを開始
自国通貨不安でハイパーインフレに陥っているべネズエラ政府が、ユーロ建てで仮想通貨ビットコインとライトコインの国際送金サービスを開始した。LTCは一時11%弱の高騰を見せている。

ベネズエラ政府、独自のビットコインとライトコインの国際送金サービスを開始

べネズエラ政府の仮想通貨規制当局Sunacripは先週、国際送金サービスPatriaを開始した。

このサービスにより、ベネズエラ国民が世界中のどこからでもビットコインライトコインによる送金をベネズエラ国内在住者に送ることができるようになった。

今年の1月下旬にも、ベネズエラ政府は仮想通貨の法的枠組みを規定する法律を施行したばかりだが、この法律により仮想通貨取引所はライセンスの取得が義務付けられ、違反罰金として100〜300ペトロ(1ペトロは原油1バレルに相当し、昨今の価格で1ペトロ=約60ドル前後)、違反した企業の取締役は、1年から3年の懲役刑と50〜100ペトロに相当する刑罰が科せられる。

出典: Patria

SunacripによるPatria利用規約は、以下の通り。

  • 送金の受取人は、権利能力が認められる社会的実在としての個人であり、法的年齢に達しているベネズエラ・ボリバル共和国在住者である事
  • 受取人は毎月最大10ペトロに相当する仮想通貨の受取が可能だが、ユーザーの要請に応じて、上記法律により例外的に最大50ペトロに相当するユーロでの受取も可能。
  • 送金手数料は最大で15%の手数料、最低金額でも0.25ユーロ(約31円)。

送金者はPatriaにて、ビットコインかライトコインを選び、自身のウォレットからPatriaが指定するアドレスへ送金。

なお、ビットコインとライトコインはユーロ建て、送金時のボリバル・ソベラノ(以下VES)の価格は、中央銀行のEUR/VESの為替レートに基づく。

混迷するベネズエラの経済

昨今のマドゥロ政権の失策により、ベネズエラは通貨ボリバルの価値は大幅に下落しながら、ハイパーインフレと高失業率が続いている。

しかしながら、米トランプ政権の経済制裁を受け、なおかつ自国発行の仮想通貨ペトロの信用不安が広がる中で、ユーロ建てとは言えビットコインとライトコインの国際間送金が可能になる事は、ベネズエラ国民の経済と仮想通貨の普及にとってプラスになることは間違いないだろう。

なお、ライトコイン(LTC)は、一時11%弱の高騰を見せており、現在53ドル(約5925円)の水準で推移している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ベネズエラでビットコイン取引量が過去最高を記録|政府発行仮想通貨ペトロの現状や規制の動向から考察する背景
ハイパーインフレなど混迷を極める経済状況に置かれるベネズエラは、政府発行の仮想通貨ペトロの現状や強硬的な仮想通貨業界の規制枠組み法案の施行など、仮想通貨を取り巻く環境においても混乱が伺える。
仮想通貨ライトコイン、時価総額4位ランクイン|ライトニングネットワークと新匿名技術の導入に注目
昨日から高騰を高騰を見せているライトコイン、新たな匿名機能の導入発表に続き、高速決済システムの利用が4000店舗以上に拡大されることも明らかに。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら