ツイッターCEO、仮想通貨ビットコインの購入ルールがあることを明かす

ツイッターのCEOの仮想通貨ビットコインの購入ルール
ツイッターのCEOを務めるJack Dorsey氏は、直近のビットコイン購入運動にポッドキャストで触れ、自身のビットコイン購入時のルールに購入上限がある点を明かした。その内容とは?

ツイッターのCEOの仮想通貨ビットコインの購入ルール

ツイッターのCEOを務めるJack Dorsey氏が、ビットコインに関連する話題や、初期のツイッターとビットコインに見られる類似点など、様々な見解を5日のポッドキャストで語った。

Dorsey氏が話した中で、ビットコイン投資家やサポーターに最も注目されている内容のが、Dorsey氏のBTC購入数やその購入頻度だ。これには、海外を中心にSNS上で多くの反応が見られた。

Dorsey氏は、「現在、毎週『BTCの25ドル分』購買運動#stackingsatsが起きていることは知っているが、私はすでに今週分の購買上限を超えた。」と発言、ビットコイン購入ルールとして、購入上限を設けていることを明かした。発言から上限を設けている期間は、1週間スパンであることが推察される。なお、具体的な上限額を明かすことはなかった。

なお、一週間の購買上限がきた場合も、次のサイクルへ移行した場合、再び参加する可能性が高いとしており、今後も継続していく可能性を示唆した。

#stackingsatsは、様々なBTC擁護者や投資家が、BTC25ドル以上購入し、毎週一定の目標金額を達成するとした仮想通貨普及運動だ。

前月では、BTCのライトニングネットワークの「聖火運動」に参加しており、ビットコインに高い関心を示すDorsey氏。ツイッターのCEOでもある著名人が仮想通貨に積極的な発言を行うことは、業界を後押しする上で重要となるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

Twitterで仮想通貨ビットコインの投げ銭機能が利用可能に 同社CEOからは賞賛の声
ツイッターで利用が可能なビットコインの投げ銭機能を、ライトニングネットワークを利用したウォレットサービスを提供するTippinが発表した。同機能に関して、ツイッター社CEOも賞賛し、多くの反響を得ている。
Twitter社CEO、仮想通貨の保有資産は「ビットコインだけ」 ライトニング知名度向上運動に参加しBTCの有用性を強調
世界の仮想通貨業界で話題になっているビットコイン・ライトニング・トーチ運動に、Twitter社CEOのJack Dorsey氏が参加した。また、仮想通貨の保有資産を再度明らかにしたDorsey氏は、ビットコインのみに投資している点を強調している。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名突破。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら