スイス金融大手、「軍事レベル」の仮想通貨カストディ提供へ|ビットコインやXRP(リップル)などの保管に対応

スイス金融大手、軍事レベルの仮想通貨カストディサービス提供へ
スイスの上場企業であるSwissquoteは今月21日から高セキュリティの仮想通貨企業Crypto Financeと提携して仮想通貨のカストディサービスを提供していくことが発表された。核ミサイルにも耐えられる軍事レベルのセキュリティを誇るとCrypto Finance社のCEOは述べている。

スイス上場企業、軍事レベルの仮想通貨カストディサービス開始予定

スイスのオンライン銀行などのサービスを提供する金融企業Swissquoteは7日、仮想通貨企業Crypto Financeと提携して3月21日からカストディサービスを提供することを発表した

Swissquote社は2000年からスイスの大手証券市場に上場している金融企業で、2017年から以下の主要仮想通貨銘柄の取引サービスを提供している。

(表示は時価総額ランキング順)

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • XRP(リップル)
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ

今月下旬より、Swissquoteは仮想通貨企業Crypto Financeのカストディ部門であるCrypto Storage(クリプト・ストレージ)との提携で実現する。

Crypto FinanceのCEOであるStijn Vander Straeten氏は仮想通貨メディアCoindeskの取材に対し、以下のように言及している。

弊社のHSM(ハードウェア・セキュリティ・モジュール)はスイス国立銀行と同じ水準だ。

我々のサーバーはスイスのアルプスに位置している軍事バンカー(掩蔽壕)に保管されている。これは核攻撃にも耐えられるため、セキュリティは万全だと言って過言ではないだろう。

スイスの大手銀、軍事レベルカストディなど仮想通貨関連事業開始

スイスは長年、銀行などの金融業に対するプライバシー・セキュリティの対策が世界一で知られており、近年では仮想通貨先進国として注目を浴びている。

先月、同国の大手プライベート銀行ジュリアス・ベアは、仮想通貨企業SEBAに出資し、厳密なカストディや個人の需要に沿った資産運用などの仮想通貨投資関連ビジネスを提供する計画を発表した。

プライベートバンクとは

少数の個人銀行家が経営に無限責任を負うスイスから発祥した銀行運営体制の一種。主に世界の富裕層などを対象に資産運用などのサービスを提供する。

当時このニュースを受けた仮想通貨分析家のJoseph Young氏はフィデリティやナスダック、Bakkt(ICE独自の仮想通貨事業)に次ぐレベルの大口プレイヤーの参入を意味する重要な動向だと説明したは。

なお、今回ジュリアス・ベア銀と提携関係を結んだ仮想通貨企業SEBAはCrypto Financeのように、『軍事レベル』のセキュリティ水準で仮想通貨を保管するカストディサービスを提供するという。

機関投資家の仮想通貨投資へ参入する第一関門とされるカストディ、長年の信頼を得ているスイスの金融機関と先進的な仮想通貨企業が協業し提供する厳重な保管方式は今後大口による市場参加の後押しになり得るだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

125年の歴史を持つスイス大手銀行が仮想通貨業界参入を表明 ビットコインなどを持続性のある資産クラスと評価
スイスの大手銀行であるジュリアス・ベアが仮想通貨カストディなどを提供するSEBA社に出資し、提携を結んだことを発表。同国FINMAの登録が通り次第、機関投資家向けのカストディ事業者誕生となる見込みだ。
スイスの証券取引所、仮想通貨イーサリアムに連動したETP取引を開始
スイスの大手取引所であるSIX Exchangeが、新たに仮想通貨イーサリアムに連動したETP商品の取引開始を発表した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら