CoinPostで今最も読まれています

歪なレンジ継続中のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

レンジ継続のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
BitFlyerではサーキットブレイクを発生させた前回の大暴落の後、ビットコインは4時間足レベルで歪なレンジを形成している。過去の値動きを参照しつつ、今後期待される複数シナリオをインジケーターから紐解き考察する。

BitfinexのBTCUSD4時間足チャートでの値動き

さて、この二週間は24日の大陰線から高値更新せず、じわじわと太いチャネルの中を揉みあいながら、2時間足の200日移動平均上を推移してきたと言える。価格チャート上からは特に重要な情報が得られないため、インジケーターを併用しながら解説する。

ここ二週間の値動き

前回記事の後、しばらく上昇雲の中を推移していた値動きは先行スパン1に押され下落。

2月19日09:00の上昇起点から引けるフィボナッチリトレースメントの0.618レベルまで大きな下ヒゲをつけた後、再度上昇し0.618レベルまで下落。現在は28日21:00の上髭と、4日17:00の下髭を天底とする「チャネル内」を推移しているという状況である。

(追記)記事作成中にフィボナッチリトレースメント0.382に抑えられる形で4時間足が1本確定した。

上昇雲

一目均衡表の雲で、先行スパン1が先行スパン2より下にある状態で形成されるものを指す。対義語は下落雲。

雲については筆者が執筆したNoteも参考になるはずである。雲について計算式からインジケーターの言語化に努めたものである。余裕があればこちらも読んでいただきたい。『雲の凡て[1.0]』

前回記事でお伝えした1月19日13:00から続く「OBVサポートライン」は、4日13:00に一度割ったものの再度復帰している。LSポジション比を確認すると、ショートが3000玉ほど消費され、ロング比率にかなり接近している状況にある。

OBV(オンバランスボリューム)

出来高系インジケーターのひとつ。出来高を指数化して、その方向性と資金の流れを捉えるための指標。

LS(ロング・ショート)比率

“比率”と銘打っているが、その実買いポジションと売りポジションの数量の絶対値である。マーケットに入っているロングとショートのポジション数を比較することで、大口の動向やトレンドの先読みをある程度推測することができる。

BitFinex4時間足チャートで単純移動平均線(SMA)を確認してみると、冒頭で述べた通りSMA200(赤線)がサポートとして一部機能していることが見て取れる。画像の移動平均線の期間設定は、短期間から順に20日、40日、100日、200日である。

ちなみに、BitflyerのBTCJPY4時間足チャートではよりSMA200が意識されていることがわかる。単純移動平均線といった過去の損益分岐点を表すインジケーターは、取引所のトレーダーによって意識のされ方が異なるので注意が必要である。

大衆意識が作用する視覚的なラインやフィボナッチなども、取引所ごとのローソク足の形に依存するため言わずもがなである。

MACDは現在ダイバージェンスもなく順行、RSIも50ライン上を推移しているため、現在は辛うじて上昇を続けているが、値動きからもわかるように健全な上昇トレンドとは言いがたい状況である。

RSI(相対力指数)

投資家の心理状況を表す為に考案されたテクニカル指標。このRSIの数字が高いと「買われ過ぎ」、低いと「売られ過ぎ」となり、相場の強弱を教えてくれるテクニカル指標で、株式の世界では一般的には70%以上だと買われ過ぎ、30%以下になると売られ過ぎであると一般的には言われている。

しかし、実践的には30%70%ライン自体はあまり重要ではない。RSIとは、「値動きに対する上昇幅の比率」である。従って、50%ラインを基準に上下の推移でトレンド判断が可能である。

読者の皆さんも一度計算式を見て、インジケータが実際何を表しているのか、ということを自分なりに解釈してみて欲しい。

MACDダイバージェンス

ダイバージェンス(Divergence)とは、「相違、乖離、逸脱」の意味で、値動きとMACDラインの推移が逆行している現象のことを指す。

今後の展望

今後どのシナリオを立てるにしても一番気にしなければならないのが、直近最高値である4280ドル(Bitflyerでは462800円)である。

ここからの大陰線を上昇の値動きで埋められるのか、それとも現在推移しているチャネルを下抜けして、再度直近最安値である3760ドル(405300円)を試すのか注目するべきであろう。なお、直近最高値に挑戦する場合は、MACDやRSIのダイバージェンスが発生するか否かもチェックしておくべきであろう。

総括

トレードは予想ではなく対応である。今後の値動きの方向性が定まってから、自身の資金管理に基づいたロスカットラインを設定したうえで、今後の値動きの推移を追っていただきたい。

Twitter:(@crypto_kitsune

CoinPostの関連記事

ビットコイン有名トレーダーが解説、板トレードやチャートを見る上で大切なこと|青ハチミツダルマ対談【前編】
仮想通貨ビットコインFXを主戦場に、アルトコインやCFD、為替で幅広く活躍する有名トレーダー「青ハチミツダルマ」氏にクリプトキツネが対談式インタビュー。青ダルマ氏のトレード手法から私生活に至るまで、幅広く伺った。
ビットコイン有名トレーダーが解説、大衆が意識する重要ポイント|青ハチミツダルマ対談【後編】
インタビュー後編では、「大口の動向を監視するために整えた」というトレーディング環境を特別に公開。初心者が上達するために必要なことについて、重要な点を語って頂いた。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名を突破しました。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/22 木曜日
13:55
イーサリアム、ビットコインの年初来上昇率を上回る 現物ETF承認への期待感と集中リスクの懸念
時価総額2位の仮想通貨イーサリアムが、年初来の価格の上昇率でビットコインを上回った。米当局による先月のビットコイン現物ETF承認を受けて、イーサリアム現物ETFが承認される可能性が高いとの楽観的な見方がその一因となっている。
10:50
「流動性向上が鍵」Oasys、自民党デジタル社会推進本部と国内のWeb3振興で議論
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは自民党デジタル社会推進本部Web3PTと、ブロックチェーンゲーム市場の現状と将来性について議論を行った。
10:20
Oasys、カカオゲームズの子会社METABORA SGと提携
ゲーム特化型ブロックチェーンOasysは、韓国カカオゲームズの子会社METABORA SGとの提携を発表。韓国での事業展開を加速させていく意向だ。
08:15
エヌビディア好決算で株価大幅上昇 仮想通貨AI銘柄連れ高|22日金融短観
本日のエヌビディアの好決算を受け、半導体企業AMDやArm、Supermicroの株価も一斉に大幅に上昇。また、仮想通貨分野でRenderやFET、AGIXなども連れ高となっている。
07:30
国内初、楽天キャッシュでデジタル証券(ST)の利息受け取り
国内で初めて、楽天キャッシュで利息を受け取るデジタル証券(ST)が発行される。大和証券や楽天証券ら7社は、公募型ST社債の発行に向けて協業することを発表した。
06:30
Wormhole、半導体大手AMDのチップを利用し性能向上へ
仮想通貨ブリッジWormholeは性能を引き上げるために、半導体大手AMDのアクセラレーターチップを実装。ZKライトクライアントの計算消費を解決する目的だ。
05:50
Starknetがコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア