再び急落したビットコイン、直近1ヶ月のテクニカル分析から見る相場下落と今後の展望|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

ここ1ヶ月のビットコイン相場のテクニカル分析から見る先日の暴騰、そして下落
再び観測されたビットコインの暴騰。直近1ヶ月のテクニカル分析を元に考察し、インジケーターを紐解きながら、上昇トレンド発生の検証、そして今後注目すべきポイントを考察する。

仮想通貨市況

仮想通貨市場は25日、ビットコインの価格が45.3万円から40.5万円まで急落(bitFlyer BTC/JPY)、一時前日比9%安を記録した。ビットコインの相場急落を受け、アルトコイン市場も低調な推移に転換、25日7時時点でも軒並み10%安の全面安相場の様相となっている。

今回の下落まで、イーサリアムのハードフォークなどを材料に好調な推移を続けるETHなどが牽引する好調相場を続けていた仮想通貨市場だが、ビットコインも4000ドルを再度下回り、1週間前の水準まで値を戻している。

今回の下落15分間で起きたもので、ビットコインが値幅5万円の急落を記録したほか、仮想通貨市場の時価総額は140億ドル(1兆5400億円)減少した。

今回の下落と、今後の展望に関して、CoinPost所属ライター「クリプトキツネ」が、テクニカル分析で解説する。

BitfinexのBTCUSD4時間足チャートでの値動き

直近のBTC暴騰暴落を説明するにあたって、まずは直近一ヶ月の値動きを把握する必要がある。

前回記事の後、値動きは3885ドルまで一度上昇しヒゲをつけた後、段階的に下落。2月7日には、一時的に3405ドルまで下落している。しかし、2月8日17:00に50ドル弱幅の実体を持った陽線をつけた後、値動きは急回復の方向へ。

レンジを一旦挟み、再び2月18日5時頃から堅調に上昇トレンドを継続し、そして本日9時頃4282ドルにタッチした後21には350ドル幅弱の実体を持つ大陰線により、国内最大のbitFlyerでもサーキットブレイクが発動される騒ぎとなっており、極端な価格乖離も観測されている。

FXのロングポジションのロスカット連鎖が発生したことで、bitFlyerのFX価格が現物価格から大きく乖離(CB発動時:15.2%)、23時17分にはbitFlyer上でサーキットブレーカー(CB)発動している。

サーキットブレイカー(CB)とは

サーキットブレーカー制度とは、誤発注等による価格急変防止の観点から、取引の一時中断を行う制度。bitFlyerでは、基準価格の上下20%の値動きが起きた際にCBが発動し、約5分間取引中断が行われる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

まずは2月8日の大陽線までのチャートを検証する。底値を切り下げながら振れ幅を持った下落が続いていたが、4時間足チャートのMACDで「ダイバージェンス」が発生していた。値動きに反し、MACDは底値を切り上げ0ライン付近まで戻していたことから、上昇トレンドへの転換期を迎えていた可能性が考えられる。

MACDとは

MACDとは、短期の移動平均線と中長期の移動平均線を使用することで、買いと売りを判断する指標。基本的な見方として、MACDの値が0のラインの上で描くグラフが右肩上がりの場合は上昇トレンドへ向かっている。MACDの値が0のラインの下に位置し、グラフが右肩下がりの場合は下落トレンドへ向かっていると判断可能。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

OBV、およびLS比を確認してみると、2月8日17:00の上げ、そして2月18日5時からの上げに対してかなり堅実な根拠があったことがわかる。OBVは22日13時のピンバーに相当する出来高から上向きのトレンドラインを形成しており、一番目のサポートチェックの後、二番目、三番目の反発が価格の暴騰に直結している。

特に3回目(2月18日5時からの暴騰)ではロング玉及びショート玉両方を消化しての急騰であった。また、RSIも2回目の反発以降50ラインより上を推移しており、健全な上昇トレンドであったと結論づけられる。

現在の状況と展望

さて、記事執筆時点の状況では4時間足レベルの大陰線が確定した。

直近の大陰線直前にはMACDダイバージェンスが発生。RSIもダイバージェンスを示していた。健全な買いがかなり抜けている状態で、ロングは避けたい場面であったといえる。

RSIとは

RSIとは、”Relative Strength Index”の略で、日本語では「相対力指数」と呼ばれる。現在の相場が”買われすぎ”か”売られすぎ”かを判断する数値化した指標であり、100に近づくほど買いが強く、0に近いほど売りが強い状態を示している。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

現在、下位足レベルのOBVラインを割ったことから、過去4度サポートチェックを済ませている強力なOBVサポートラインが機能するかどうかに着目したい。上位雲(4x)の先行スパン2にヒゲをつけており、かつMACDも0ラインに接近していることから、多くの投資家にとっての平均的な損益分岐価格帯がこの付近にあると予想される。

損益平均価格帯はポジションの持ち替えや解消等が発生しやすい為、騙しを含む乱高下を伴ったり、逆に狭いレンジを形成したりと価格帯の予想は困難を極める。チャートを投資判断の一手段としている読者のみなさんは、適切な判断が可能になるまで出来高などチャート情報の十分な蓄積を追いながら、チャート検証を進めていただきたい。

また、取引所などによってはロスカットが機能しない場合も往々にして考えられる。多重注文などにも細心の注意を払い、ポジションを持たないことも検討しながら、冷静なトレードを心がけていただきたいと思う。

Twitter:(@crypto_kitsune

CoinPostの関連記事

ビットコイン大暴落で「サーキットブレイカー」発動、下落要因と共に振り返る異常事態|仮想通貨市況
仮想通貨ビットコイン価格が、bitFlyerで最大10万円幅の大暴落。フラッシュクラッシュで100億円規模のロスカットが発生し、サーキットブレイクが発動するなどした異常事態。イーサリアムやリップルを含め、仮想通貨市場の下落要因を探る。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者12,000名を突破しました。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら