CoinPostで今最も読まれています

再び局面のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

再び局面のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察
前回記事のレンジシナリオ通り、4400ドル〜3750ドル(46.6万〜39万円)を天底とするレンジ内を推移したビットコインは、再び下落を左右する局面にあるといえる。過去の値動きを参照しつつ、今後期待される複数シナリオをインジケーターから紐解き考察する。

この2週間のビットコイン相場のテクニカル分析総括と来週以降の展望

BitfinexのBTCUSD4時間足チャートでの値動き

さて、この2週間は4400ドル〜3750ドル(46.6万〜39万円)付近のレンジを天底とし、レンジシナリオ通り価格が推移していたたと言える。前回のシナリオ設定はこちらの記事をご確認いただきたい。

概説すれば、直近の値動きは三角保ちあいを上抜けしたが、レジスタンスラインに押されて下落、再び3750ドル(39万円)付近のサポート帯付近で推移しているという状態である。インジケータを紐解きながらより詳しく見てみよう。

ここ2週間の値動き

TradingViewのBTCJPYチャート(タップで拡大)

前回記事の後、まずビットコインは4400ドル(46.6万円)のレジスタンス領域に押されて、3750ドル付近まで下落。その後三角保ち合いを形成し、大陽線をつけるも再びレジスタンスラインに押されて下落。再度、3750ドル(39万円)のサポート付近に落ち着いている。

TradingViewのBTCJPYチャート(タップで拡大)

三角保ちあい形成中、OBVは底値を切り上げながらサポートライン上を推移していた。大陽線の前のローソク足確定時点でサポート反発は完了しており、ショートを入れる局面ではなかった。

TradingViewのBTCJPYチャート(タップで拡大)

RSIは50ライン付近をうろつき、MACDがゼロライン付近で停滞していたため、大陽線がついてもおかしくない状況であった。実際その直後(1/7 01:00)に大陽線をつけている。LS比を確認してみると、1/4 13:00の時点でLS比が逆転しているのが読み取れる。三角保ちあいの中で、ロング玉がショート玉を上回った格好で、トライアングルの末端付近でショートがかなり消化されたため、やはり必然的に大陽線に結実したといえる。

TradingViewのBTCJPYチャート(タップで拡大)

逆にその後の大陰線前(1/10 09:00)ではOBVサポート割りをしており、ここではロングを入れる局面ではなかった。実際、直後に大陰線をつけ、短期的なチャネルラインを割った後、3750ドル付近まで値を戻している。

現在の状態

TradingViewのBTCJPYチャート(タップで拡大)

さて、記事執筆時点(1/13 11:00)でのチャートを確認してみよう。CCI(サブウィンドウ緑のインジケータ)を見てみると、RSIとは打って変わりかなりゼロラインまで戻してきている。ダウ理論的には、売られすぎの水準をかなり解消した状態であると言える。

CCI(Commodity Channel Index、コモディティ・チャネル・インデックス)とは、現在価格がその時間足の高値・安値・終値の平均値の移動平均からどれくらい乖離しているかを示すオシレーター系インジケーター。

MACDはゼロラインを這っておらず、ダイバージェンス等が特に出ていないため参考にならない。MACDを見てのトレードはよほど扱いが得意な読者以外はお勧めできない。このような局面でのMACDは役に立たない。

今後の展望

TradingViewのBTCJPYチャート(タップで拡大)

まず4時間雲と上位雲が位置・厚さともにかなりオーバーラップしているため、市場のポジションがかなり解消されており、近いうちに出来高を伴い大幅に動く可能性がある。移動平均線も横這いであるため、トレンド形成直前の可能性を考慮に入れた方が賢明である。

また、OBVについても元々レジスタンスだったサポートラインを割るのか、それとも反発するのかといったことも考慮に入れたい。

下降トレンド発生の場合

下落の場合はかなり勢いをつけて直近底値(3200ドル=35万5000円)を試す可能性があるため、注意したい。

安定して下落するようであれば、前回から言っている2980ドル(31万円)付近のサポート帯を意識しなければならない。

どちらにせよ、ーまずはOBVのサポート割れが下落再開の最初の兆しとなるはずである。

上昇の場合

上昇の場合も大陽線に注意しなければならない。多くのトレーダーによって下落が意識される中、このシナリオになった場合はかなりの損切りを巻き込むため値上がりの伸びは大きいと考えられる。

ただし、騙しあげの可能性も十分考えられるため、

  1. 出来高を伴っているか
  2. ショート玉を消費、ないしはロング玉が堅調に増加
  3. RSIが50ライン以上で推移しているか

を確認してストップ設定をしていただきたい。現状RSIは50ライン以下にべったり張り付いているため、安定上昇が望み薄なのは確かである。

何にせよ、安易なロングはかなり危険な状態であるため、何度も書くがストップをしっかり設定した上でご判断いただきたい。(もちろん、このような局面だけではなく、普段からストップの設定は必須である。)

総括

どのシナリオにせよ、BTCFXで取引をしている読者の皆さんはしっかり板や歩み値を見ながら、次の大きな値動きに備えて欲しい。

板やインジケータの擦り合わせについては、この記事も参考にされたい。自身の資金管理に基づいたロスカットラインを設定した上で、今後の値動きの推移を追っていただきたい。

Twitter:(@crypto_kitsune

CoinPostの関連記事

ビットコイン有名トレーダーが解説、板トレードやチャートを見る上で大切なこと|青ハチミツダルマ対談【前編】
仮想通貨ビットコインFXを主戦場に、アルトコインやCFD、為替で幅広く活躍する有名トレーダー「青ハチミツダルマ」氏にクリプトキツネが対談式インタビュー。青ダルマ氏のトレード手法から私生活に至るまで、幅広く伺った。
局面を迎えるビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
反転上昇シナリオ通り、4400ドル(48.9 万円)付近のレジスタンス領域で頭を押さえられたビットコインは、今後の値動きを左右する大きな局面にあるといえる。過去の値動きを参照しつつ、今後期待される複数シナリオをインジケーターから紐解き考察する。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名を突破しました。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/17 水曜日
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。
11:35
韓国政府、仮想通貨所得への20%課税を2028年まで延期検討
韓国政府は、ビットコインなど仮想通貨所得への20%課税を、さらに延期して2028年からとすることを検討している。
10:40
トランプ氏、4つ目のNFTコレクション販売検討か
米共和党大統領候補であるトランプ前大統領は、自身の4つ目のNFTコレクションをリリースすることを検討しているようだ。ポリマーケットでは当選確率が71%でバイデン氏の19%を大幅にリードしている。
10:05
米リップル社、仮想通貨支持の議員候補者を支援する団体に1.6億円寄付
リップル社は、仮想通貨に否定的なウォーレン議員に代わり、仮想通貨支持派の候補を当選させようとするPACに1.6億円を寄付した。
09:30
DMMビットコインの不正流出、北朝鮮のラザルスが関与か
仮想通貨取引所DMMビットコインの不正流出に、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」が関与している疑いが浮上。すでに流出したビットコインは資金洗浄されているようだ。
08:25
仮想通貨ワールドコイン高騰、開発チームによるアンロック期間の緩和発表で
2024年7月24日からTools for Humanityの投資家とチームメンバーが保有する約200万WLDトークンが毎日ロック解除される。ロック解除スケジュールの延長により、この数字は当初の1日あたり約330万WLDより約40%減少する。
07:30
米ビットコインETF、資金純流入一週間継続
終了したドイツ政府による売圧やトランプ氏の暗殺事件など激動だった週末を経て米国のビットコイン現物ETFには資金が継続的に流入してきている。
07:10
マウントゴックス、5000億円相当のBTCをクラーケンに送金か
マウントゴックスが5,000億円相当の仮想通貨ビットコインをクラーケンに送金した可能性が高いことをArkhamが公表。クラーケンは、1週間から2週間で弁済処理を行うと説明しているという。
06:50
米大統領選に向けたBTC・ETHオプション取引、デリビット提供へ
新たな仮想通貨オプション取引は、大統領選の結果にベットする商品として設計されたものだ。すでにポリマーケットという分散型予測市場で次期大統領にベットする取引が活発的に行われておりトレーダーの流動性が集まる重要な市場となっている。
06:20
仮想通貨ブリッジJumperでハッキング発生、現在復旧
EVMチェーンの仮想通貨ブリッジのJumper Exchangeは16日夜、ハッキングが発生したことを報告した。現在システムは復旧し安全に使用できると伝えた。
05:54
ソラナ基盤仮想通貨CLOUD、Bybitなど上場予定 ローンチパッド開始
取引所Bybit、Backpack、及びGate.ioはトークン販売に先立ち、CLOUDトークンの新規取扱予定を発表した。取り扱いは、日本時間19日12:30より開始する。
07/16 火曜日
15:30
分散型5G通信事業者目指すHelium Mobile、登録者10万人を超える
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、登録者数が10万人を突破したと発表した。今年1月からの半年で7万人増加した形だ。
12:58
ブラックロックCEO、ビットコインの「デジタル・ゴールド」としての役割を評価
最大手資産運用会社ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、仮想通貨ビットコインにデジタルゴールドの役割があることを認めた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/17 16:30 ~ 17:30
その他 オンライン
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧