ブロックチェーンゲームプラットフォーム「Enjinコイン」最大8倍の暴騰理由は?ビットコイン先物SQ目前|仮想通貨市況

仮想通貨市場

●「最古のブロクッチェーンプロジェクト」の一つ、Enjinコインが大暴騰

●日本時間4:45頃(summer time)に控える、CBOE先物SQ

金融市場と仮想通貨

2019年3月13日(水)の国際金融市場の値動きは、以下の通り。

日付 NYダウ 日経平均 BTC価格
3/7(木) 25,673ドル(-133) 21,456円(-140) 43.0万円
3/8(金) 25,473ドル(-200) 21,025円(-430) 43.0万円
3/9(月) 25,450ドル(-22) 21,125円(+99) 43.1万円
3/10(火) 25,650ドル(-206) 21,503円(+378) 42.6万円
3/11(水) 25,554ドル(-96) 21,290円(-213) 42.9万円

本日の東京株式市場は、前引けで一時300円安の21,999円になるなど、軟調な展開となった。

ブレグジット関連ニュースで英ポンドが揺れる中、ドル円は翌週のFOMCを注視している。

イギリス下院は、EU離脱に関する「離脱協定案」を大差で否決、13日に「合意なきEU離脱」を強行すべきかどうかの採決を行う。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

ビットコインのボラティリティは昨年11月以来の低水準にあり、ほとんど価格が動くことなく推移している。レジスタンスラインに上値を押さえ付けられているような状況だが、多くの投資家が静観していることもあり、先日の暴落のように乱高下を起こしやすい状況にあると見ることもできる。

そのような状況にある中、ブルームバーグインテリジェンスのアナリストは、「仮想通貨市場が底割れするための機は熟した」などと最新の報告書で言及。その一方で、2月初旬から取引高が3倍になったバイナンスコインを始め、12月中旬以来60パーセント以上高騰したイーサリアムやライトコインなど、一部メジャーアルトは、価格面でも大幅上昇を見せている。

”相場の豹変”には注意が必要だ。

ビットコインのマーケットデータでは、60日ボラティリティインデックスが、2018年11月以来の低水準に落ち込んでいることがわかった。

出典:bitvol.info

ビットコインボラティリティが低水準を記録した昨年11月は、ビットコイン価格が大きく変動する直前の時期にあたり、昨年末の1BTC6,000ドル付近で推移していた時期に該当する。(2017年からの長期チャート参照)

ボラティリティの低下をどのように見るか、という点では複数の専門家の見解がある。

下落基調にある相場を転換させる上で、複数のインジケーターの方向性を変える時期とみる見方もある一方で、現在のボラティリティの低下が、サポートラインによる一時的な動きであり、現在の底値付近で硬い動きを継続しているビットコインも、まだ底値を確信するには早い」との見解もeToroのアナリストGreenspan氏などから出ている。

これは、ボラティリティが上昇傾向に転じる場合でも、下落方向への可能性も考えるべきだとする意見だ。

ビットコイン先物限月(SQ)について

CBOE先物SQは、日本時間3月14日の午前4:45頃に予定されている。

ビットコイン市場では、2017年12月から米国のシカゴ・オプション取引所(Cboe)とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で「先物取引」が提供されている。

先物を利用しない一般投資家にも無関係ではなく、限月(先物期限の満期日)が近付くにつれ、機関投資家などによる「ポジション解消の大量売買」が行われ、仮想通貨市場が動く可能性があるため、注意が必要と言える。

先物取引とは、「特定商品を将来の指定日にいくらで売買するかを、予め約束する契約」のことで、デリバティブ(金融派生商品)の一種で、盗難やハッキング被害のリスクがないため、機関投資家にも重宝されてきた。

CEM(シカゴ・マーカンタイル取引所)で取り扱うビットコイン先物限月(SQ)については、公式サイト上で、

当該限月の最終金曜日に到来し、3月スタートの四半期サイクルから直近の2限月取引が、このサイクルに含まれない暦上の直近2限月取引が上場される。」

と解説している。

つまり、一定の期間が過ぎると、投機取引のほとんどが取引最終日までに反対売買(買建ての場合は売り、売建ての場合は買戻し)を行うことにより、先物契約を解消する必要がある。反対売買が行われない建玉に関しては、ビットコイン参照基準レート(BRR)に基づいて差金決済される。

期日前後の市場への影響

ビットコイン価格の影響について、米調査会社ファンドストラット・グローバル・アドバイザーズのアナリストでCEOのトム・リー氏は、ビットコイン価格下落の原因は6月中旬のCboe先物の期日にあると言及しており、「ビットコイン先物期日前の10日間で、BTC価格は平均18%減少、6日後には回復する傾向がある」と分析している。

実際、昨年8月(日本時間16日 午前4時45分)に期日を迎えた、Cboeのビットコイン先物決済日には、直接的な影響こそ軽微だったものの、ビットコインFXで仕掛け売りが入ったことでBTC価格が乱高下するなど、間接的な影響を与えたこともあった。

Trading terminates at 4:00 p.m. London time on the last Friday of the contract month.

CMEグループ公式サイト

Enjinコイン、前月比8倍に暴騰

ブロックチェーンゲームプラットフォームとして知られる、仮想通貨Enjinコイン(ENJ)が、前月比800%(BTC建て)を記録している。

出典:Binance

Enjinは、2009年にシンガポールで創設された「最古のブロクッチェーンプロジェクト」の一つで、ゲームにも対応するEnjinウォレットや、Enjinネットワークなど、オンラインゲームに特化したプロダクトを提供しており、Enjin Coin(ENJ)のERC20トークンはネイティブトークンとして使われている。

ENJの上昇を誘発したとされる要因として、世界有数の電子メーカー「サムスン」との協業が報じられたことにあると考えられる。

2月下旬、スペインで開催された電子プロダクトのカンファレンスで「サムスン」の新型スマホ「Galaxy S10」が紹介され、内臓の仮想通貨ウォレットが対応する仮想通貨リストにENJが入っていることが判明したことで、同通貨の値段は右肩上がりに転じた。

出典:Cosmochain社提供

CoinPostの関連記事

ビットコイン超大口クジラの最新動向で「売り圧力」低減か、明日のバイナンス長期メンテに要警戒|仮想通貨市況
仮想通貨市場 ●最大11.3万BTC保有、超大型クジラの動きを探る ●ビットコイン半減期に向けて2倍に...
ビットコインのショート比率が増加傾向 動かぬ仮想通貨市場に新たな変化
ビットコインの60日価格変動率が2018年11月以来の低水準になったほか、ショートポジションが増加傾向にあることがわかった。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者13,000名を突破しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら