GTI指標がビットコインの買われすぎを示唆、海外取引所のハッキング被害も下落要因に|仮想通貨市況

仮想通貨市場
シンガポールの仮想通貨取引所が、ハッキング被害を受けたことが判明したため、相場の下落を後押しした。ビットコイン価格のボラティリティが下落の一途にあり、昨年11月5日の1.43%に迫る2%弱となっている。

金融市場と仮想通貨

本日の東京株式市場は、今年最大の下落幅となる前日比-650円を記録した反動で全面高。日経平均株価は、前日比451円高の21428円となるなど、乱高下を見せている。

これに伴い、仮想通貨(ブロックチェーン)関連株も反発、特に顕著だったのはSBIホールディングス(8473)で、前日比5.99%高の2,532円まで回復。権利付き最終売買日の26日には、大規模な配当再投資の買いが入る可能性もあり、本決算を控えて期待が集まっているものと考えられる。

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

ビットコインテクニカル分析

4時間足が弱気を示唆しており、チャネルライン下抜けで、厳しい状況にあるビットコイン(BTC)価格。Fib0.382の3940ドル(43.5万円)付近で下げ止まっている状況だが、ここを下抜けた場合、Fib0.5の3840ドル(42.4万円)まで下落する可能性も考えられる。このラインは、2月下旬の急落と、3月上旬の下ヒゲがついたポイントにも相当する。

ファンダ要因としては、シンガポールの「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことが判明したことで、相場の下落を下押しした。

不正流出した一部のETHが取引所Huobi、Binanceに、一部のUSDTはBittrexなどに送金されたが、該当の取引所へ連絡を取っており、現在HuobiとGate.ioによって資金の入金はブロックされている。

海外仮想通貨取引所2社にハッキング被害 ビットコインやイーサリアム、XRP(リップル)等が19種類が流出
「DragonEX(ドラゴンEX)」と「BiKi.com」が、ハッキング被害を受けたことをユーザーに報告した。BTCやETHの他、数多くのアルトコインも流出被害にあったことがわかっている。なお、DragonEXは出来高基準で世界31位の取引所となる。

なお、3月30日(土)午前1時には、「CMEのビットコイン先物3月物SQ」が控えている。相場が乱高下する可能性もあるため、要注意だ。

ビットコインが買い過多ラインに接近

ブルームバーグは、ビットコイン価格が、(短期的な)買い過多ラインに接近していると報道した。

ビットコイン価格は先週一時4,000ドル台を復帰したが、そのラインを維持できず、再び3,000ドル台後半まで戻ってきていた。

下記のビットコインチャートを参照すると、買い過多や売り過多を示すGTI Global Strength Indicatorが2月中旬、そして昨年7月以来の高水準に達していることが見受けられる。

GTI Global Strength Indicatorとは

買い過多・売り過多を示す指標。下の線を下回った場合は売られ過ぎを、上の線を超えた場合は買い過ぎとされる。

上記のチャートが、買い過多ラインに接近していることを踏まえると、ビットコイン価格は今後短期的に下落する可能性が予測される。

GTI VERA Convergence Divergence Indicatorは、トレンドの終わりや、その変換点を検知するために用いられる指標であり、Volatility Explosion Relatively Adjusted theoryという理論に基づき、移動平均線を元に計算されたテクニカル指標MACD(moving average convergence divergence)によって算出されているものだ。

英国のブロックチェーン技術に投資するKR1社のCEO「George McDonaugh」氏は、以下のように述べた。

BTC価格は、そろそろ再度下値を試すのではないか。

通常マーケットは「絶望の縁」を1回以上試すものだが、ビットコインではまだ3100ドルに到達した時の1度きりに過ぎない。

ビットコインは、2月にも買い過ぎラインに接近しており、その2週間後にはビットコイン価格が3%下がっていた。

さらに、8月初旬にもビットコインのGTIは買い過多ラインに到達していたが、同様に20%以上下落している。

BTCボラティリティも低下

その一方、ビットコイン価格のボラティリティは、2019年に入ってから下降傾向を続けている。

3月26日現在、ビットコインの変動率は2%弱となった(30日足:2.19%、60日足:2.20%)

落ち着きを見せているビットコインの変動率の過去データを参照すると、2018年最もボラティリティが低かったのは、昨年11月5日の1.43%だった。

しかし、eToroのマーケットアナリストであるMati Greenspan氏によると、ビットコインの低いボラティリティはビットコインを「価値の保存手段として」利用しやすくなる点から良い傾向だと言及している

CoinPostの関連記事

ビットコイン4000ドル下回る 下値不安が継続|仮想通貨朝市況
26日の仮想通貨市場は、ビットコインが日本時間未明に急落、CoinMarketCap上のビットコイン平均取得価格にて10日ぶりに4000ドルを下回った。
歪なレンジ継続中のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ)
レンジ継続のビットコイン、2週間の値動きと今後の展望を考察|仮想通貨市況(クリプトキツネ) ...
▶️本日の速報をチェック

免責事項

当ページは、仮想通貨の信憑性・正確性を保証するものではありません。

掲載されている内容やリンク先、サービス等、または投資情報からの不利益や損害については、当サイトでは一切の責任を負いかねます。投資する際は、ご自身の判断の元、自己責任でお願い致します。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら