米Coinbase、仮想通貨の国際送金を擬似体験できるサービスを提供へ XRP(リップル)を送金通貨として評価

米仮想通貨取引所、XRPなどでユーザーの国際送金サポート
米仮想通貨取引所コインベースは仮想通貨XRPやUSDCを介した仮想通貨の国際送金を擬似体験できるサービスを提供する。また、公式サイトにて「XRPが送金に適した通貨」として紹介、他の通貨や国際送金事情と合わせて内容を記載した。

コインベース、ユーザー間の送金をサポートへ

米国の大手仮想通貨取引所コインベースが新たに仮想通貨XRPやステーブルコインのUSDCを利用してユーザー同士の国際送金を無償で提供するサービスを開始する。同社ブログで詳細が公表された。

同サービスでは、法定通貨を他国のユーザーへ向けて、その地域に応じた法定通貨に換金された状態で(法定通貨の変換を行う)送金することができ、そのブリッジ通貨として仮想通貨XRP(リップル)と米サークル社が発行するステーブルコインのUSDCが活用される。

新サービスに関する内容では、以下のように表記されており、コインベース側の主張では提供するサービスは「自社送金サービス」ではなく、仮想通貨取引の後に地域ごとの法定通貨への換金が可能となるサービスであると説明した。

コインベースの口座を持っているユーザーはXRPまたはUSDCを利用して世界中にお金を送金することができるようになった。

国際送金に適した仮想通貨を利用し、対象の仮想通貨を送金して受付人が自国の法定通貨に換金することで可能となる。

コインベース同士の取引には手数料が無料となり、コインベースのユーザーでない場合は少額のオンチェーン・ネットワーク手数料が必要となる。

自社送金サービスではないなら、どういうサービスなのか?

このサービスの目的としては、「仮想通貨を利用する送金を体験してみる」とした教育プログラムの一環のようだ。他国に住むユーザーへの送金時には、これまで法定通貨を銀行などの国際送金サービスを通して行なっていたが、決済に適した仮想通貨を挟む送金と法定通貨への換金を合わせたサービスを無料で提供することで、擬似的な仮想通貨の国際送金サービスを体験できるサービスを提供する。

このような内容の応用技術を提供するRipple社のxRapidやILPなど、仮想通貨やブロックチェーンの技術を一般にも肌で感じてもらえるサービスとして、良い試みとなりそうだ。

このサービスは、仮想通貨取引所コインベースの対応地域である100カ国から利用できるほか、対応地域外でもXRPネットワーク自体は利用可能であり、Coinbase Japanが認可されれば、日本からの利用も可能となるかもしれない。

出典:Coinbase

送金手順は?

出典:Coinbase

  1. コインベースの口座を新規作成、またはログイン
  2. 送信先がXRP・USDCを法定通貨に換金できることを確認
  3. 送信したい額をXRP・USDCに換金
  4. XRP・USDCを保管するウォレットから「Send」を選択
  5. 送信したい額、送信先のウォレットとEメールアドレスを入力

仮想通貨XRPを送金通貨として賞賛

また、同サービスを提供するコインベースは、送金領域において仮想通貨XRPが適している通貨であるとブログで改めて紹介した。

紹介ページでは、仮想通貨XRPとUSDC、また一般的な銀行送金を比較した図を掲載し、送金速度や手数料、最大送金量などにおいてXRPに大きく軍配があがることを強調した。

出典:Coinbase

一般的な銀行送金は最低でも1日から2日かかるが、XRP台帳では3〜5秒で送金が可能で、通常ではおよそ30ドル(約3300円)ほどが必要となる手数料で、XRPやUSDCは最大でも手数料は1ドルほどに収まると掲載。

銀行送金では送金額に一定の限度額が設けられてしまうが、XRPなどを駆使した送金には上限額が設定されていないのも利点の一つであるとしている。

さらにサイト内に含まれるQ&Aに関する部分ではビットコインなど他の仮想通貨でも送金は可能であるともしながら、USDCが一般の仮想通貨に比べて比較的安定した価値を保つ点や「XRPが持つ高い処理能力や低い手数料は少額の国際送金に適している」と2銘柄を送金に特化した通貨として紹介した。

仮想通貨XRP(リップル)が米国において最も大きい仮想通貨取引所コインベースに上場することは長らくユーザーから期待されていたが、2月末にようやく仮想通貨XRPの上場の発表が行われた。

先週「コインベース・カストディ」は機関投資家向けにDPoSを採用した仮想通貨テゾス専用の「カストディ・ステーキングサービス」を発表している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

【速報】米仮想通貨取引所コインベース、待望のXRP(リップル)上場を発表|価格も急反応で10%高を記録
米国の大手仮想通貨取引所コインベースが仮想通貨XRPの上場を発表した。仮想通貨XRPの有価証券問題などを理由に上場を見送っていたため、今回の上場には「流動性面」と「米国規制面」で大きな意味をもつビッグニュースとなる。
仮想通貨を預けて報酬を得る 米仮想通貨取引所コインベースがPoSに対応するカストディサービスを提供へ
Coinbaseは、PoSシステム利用のカストディ・ステーキングサービスを開始予定であることを発表。ネットワークでノード担当することで、カストディサービスを提供するという新たな機関投資家向けの事業展開だ。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック