XRPで社会貢献 リップル社理事長が仮想通貨で米大学へ過去最高額の寄付を実施

2500万ドルのXRP寄付金、米サンフラン大学へ
Ripple社の共同創設者兼理事長夫妻と「Rippleworks」は、「サンフランシスコ州立大学」に2500万ドル(約28億円)に相当する仮想通貨XRPを寄付した。仮想通貨による米大学への寄付金は過去最高額。

2500万ドル相当のXRP寄付金がサンフランシスコ州立大学へ

Ripple社の共同創設者兼理事長であるChris Larsen氏と妻のLyna Lam氏および「Rippleworks」が、米「サンフランシスコ州立大学」に対し、2500万ドル(約28億円)に相当する仮想通貨XRPを寄付したことが同大学の公式発表で判明した。

同大学は、Larsen氏の出身校(84年卒)であり、同発表によると、この寄付金は米国において最も金額の大きい「デジタル・アセット」による大学への寄付金となる。

なお、当寄付金は、Larsen氏が2015年に共同で立ち上げた「Rippleworks」というソーチャルベンチャー企業を支援する非営利団体とともに提供したもので、サンフランシスコ州立大学はこの寄付金をローカルおよびグローバルにおけるフィンテック起業家を目指す学生をサポートすることに活用するとしている。

昨年9月、Ripple社は教育と金融包摂を目的とした「Ripple for Good」というプロジェクトを立ち上げ、計120億円を投資したことが報じられた。

Ripple社は教育における金融包摂に向けて、Larsen氏が立ち上げた「Rippleworks」と連携し、社会貢献活動を行なっており、すでにMITなどの世界的名門大学におよそ55億円を寄付している。

なお、Ripple社は自社の「大学ブロックチェーン研究イニシアチブ(UBRI)」というプロジェクトを通して、ブロックチェーンの研究を推進するために世界で計28校の大学と提携している。

Ripple社や、Rippleworksなどによる社会貢献活動は、ブロックチェーン業界と教育を統合することで、今後どのような社会インパクトをもたらしていくか注目されているだろう。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら