ビットコインに強気な米億万長者、フェイスブックの仮想通貨プロジェクトに出資意向を示唆

億万長者Draper氏、Facebookの仮想通貨プロジェクトの資金調達に参加
億万長者VCのTim Draper氏は、Facebookの仮想通貨プロジェクトイベントに参加、出資について話し合う予定と言及した。Facebookの動きがもたらし得る影響を考察。

Facebook社の仮想通貨資金調達イベントに億万長者VCが複数参加

ベンチャーキャピタリストで億万長者のTim Draper氏は、Facebook社との会合で、仮想通貨プロジェクトへの投資について話し合う予定だ。「詳細を聞くのを楽しみにしている。」と、米有力誌Bloomberg Newsへのメールで胸中を語っていたことが判明した。

先日米大手紙The New York Timesに務めるレポーターPopper氏の報道によれば、この資金調達イベントに参加する投資家はDraper氏だけではない。その他のVCや機関投資家、または富裕層も投資する予定だ。

Facebook社は、独自の仮想通貨(ステーブルコイン)プロジェクトのために、ベンチャーキャピタルなどから外部資金で最大10億ドル(約1120億円)を調達する予定だと言われている。国際通貨として米ドルから独自の仮想通貨(ステーブルコイン)に置き換える計画を進める方針と複数のメディアが報じている。

Facebook社が価値を米ドルか複数の限られた通貨に固定することによってボラティリティを最小限に抑える「ステーブルコイン」を採用し、ユーザーがWhatsAppメッセージアプリ上で、特に利用者の多いインドでの送金システムに焦点を当てていることは、既に昨年報道されていた

しかし、どの仮想通貨のブロックチェーンを利用してシステムを構築するのか模索中であるため、Facebook社がコインをリリースするのはまだ程遠いようだ。

同社は2014年に、大手決済サービスPayPalの元社長のDavid Marcus氏を自社メッセンジャーアプリを遂行するために採用して以来、金融サービス業界での事業展開が期待されている。実際に、Marcus氏は同社で初となるブロックチェーン・ディレクターに任命された。

上述の資金調達イベントに参加するDraper氏は、シリコンバレーのベンチャーキャピタリストの間で、ビットコインや仮想通貨及びブロックチェーン技術に注目した第一人者であり、ビットコインを大量に購入したり、Coinbase社などの主要な仮想通貨企業にも投資してきた。

なお以前より、Draper氏は2022年までにビットコインは25万ドル(約2700万円)になると、強気な予想をしている。

他の多くのベンチャーキャピタリストも同氏の投資戦略を参考にする傾向がある中で、今回の会合参加は仮想通貨プロジェクトへのさらなる出資の誘導に繋がるだろう。

Facebookの仮想通貨導入が与えるインパクト

Facebookのような巨大なユーザー数を抱えるSNSの仮想通貨導入は業界において大きなインパクトをもたらすことが考えられる。

デジタルマーケティング企業ZEPHORIAの調査によると、2019年1月時点での全世界のFacebookユーザー数は23億2000万人となっている。

同社による仮想通貨の導入や送金システムの構築は、そのコミュニティの規模を鑑みるに一つの巨大なエコシステムを築く可能性があるだろう。また、それによって一般的なSNSユーザーとブロックチェーンや仮想通貨との距離が縮まることも推測できる。

今回の資金調達イベントなど、仮想通貨の導入へ本腰をいれて動き始めたことが伺えるFacebook、その影響力の大きさから今後の動向にはさらなる業界の注目が集まっていくだろう。

▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら