ビットコインを悪用する手口も、人気SNS「インスタグラム」で認証バッジ詐欺が蔓延か

ビットコイン、「インスタグラム」認証詐欺に利用
インスタグラム上で、厳格な審査のある公式認証を逆手に取り、ビットコインなどの仮想通貨で偽の認証バッジ購入の勧誘を行う手口が判明した。

ビットコイン、「インスタグラム」認証詐欺に利用

米フォーブスは、インスタグラム上で著名人などのユーザーをターゲットにした認証サービスを提供する詐欺が起きていると報じた。仮想通貨などでそのサービスの購入を勧誘する手法が用いられている。

多くの著名人やインフルエンサーなどが持つ、インスタグラムやフェースブックの公式アカウントにいわゆる「認証バッジ」だが、本人・本物である信憑性を高めるこの証明は、本来お金で購入することは不可能で、インスタグラム公式側に認められた存在のみに付与されるものだ。

しかし、その手に入りにくい認証に対する心理を悪用したスキャムが存在し、偽の認証サービスを掲げて、仮想通貨やアマゾンのギフトカードでその購入を唆しているという。

フォーブス誌は、SNSマーケッティングサイト「Viral Nation」のマネージャーTravis Hawley氏に取材し、個人からの詐欺めいた認証バッジサービスの存在や事情について説明を受けた。

調査内容

過去、NSA(米国家安全保障局)の情報アナリストを務めていたHawley氏は、最初にNBAの著名プレイヤーLebron Jamesのインスタグラム投稿に呟かれた疑わしい認証バッジ勧誘について、調査を行なった。

その勧誘サービスのアカウントは、「手数料450ドルで、1時間以内に認証完了。仮想通貨とアマゾンギフトカードを受け付ける。」や「仮想通貨を利用する場合、150ドルの割引が付く。」などとコメントしていた。

Hawley氏は、実際にそのサービスを試そうと、米国の電子マネーサービスZelleを利用したが、認証バッジなどは一切付与されなかった。サービス側に問い合わせたところ、決済の遅延や入金されていないことを口実にされ、ビットコインを送金したところ、Hawley氏のインスタグラムアカウントをブロックして持ち逃げされたという。

Hawley氏は、なぜ偽サービスがビットコインや電子マネーサービスの入金手法を好むのか、以下のように述べた。

仮想通貨などによる送金は、金融機関に法的保証をされていない。しかしクレジットカードを利用した場合、返金を要求することは可能だ。

要するに、持ち逃げなど犯罪の痕跡を残さない仮想通貨や電子マネーは、スキャマーに好まれる理由と言える。

仮想通貨業界で、詐欺ICOプロジェクトなどは以前より見受けられているが、インフルエンサーになろうとするSNSユーザーの間隙を縫うような偽サービスで仮想通貨が悪用される事例も後を絶たない。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら