マネックス証券、仮想通貨の見通しを解説するセミナーを開催へ

マネックス証券が仮想通貨セミナーを開催
マネックス証券が仮想通貨に関する初心者セミナー「令和から始める仮想通貨の現状と見通し」を開催。業界の金融リテラシー向上に繋がる活動に注目が集まる。

マネックス証券が仮想通貨セミナーを開催

マネックス証券が仮想通貨に関する初心者セミナーを開催することがわかった。セミナー名は「令和から始める仮想通貨の現状と見通し」で、マネックス証券 チーフ・アナリスト大槻奈那氏が仮想通貨に関する見通しを解説する。

セミナーでは、マネックス証券の紹介のほか、コインチェックのサービス紹介の時間も設けられており、執行役員である大塚雄介氏がスピーチを行う。

セミナーはオンラインで開催されるため、日本全国、または世界からのアクセスが可能。日本時間で2019年4月24日(水) 19:00開始を予定している。なお、事前申し込みはできず、先着3000名までが視聴できるようだ。

当日の配信はこちらから見ることが可能だ。(「令和から始める仮想通貨の現状と見通し」)

コインチェックは、コインチェックとのシナジー効果によって、企業価値のさらなる向上を狙うとの目的にもと高度な金融ノウハウを持つ「マネックスグループ」の傘下入り。2019年1月には資金決済法に基づく仮想通貨交換業者の登録を完了している。

4月1日付で国内5大インターネット専業証券会社の一つ、マネックス証券の社長に新たに就任した清明祐子氏が、「コインチェックとの連携により、マネックス証券でビットコインをはじめとする仮想通貨を販売」を目指していると語るなど、マネックス証券とコインチェックで相乗効果を狙う動きに乗り出す姿勢を改めて示した。

このような動きは、コインチェックとの会見時にも仮想通貨ビジネスの将来像として「仮想通貨交換業は中核にある中で、新しい支払い手段があり、総合的な金融グループを作っていく。新しい資産クラスの構築を加速的に進めていきたい。」と方向性を示していた。

業登録を完了したことで本格的に始動するマネックスとコインチェック。マネックス証券が主導となって、仮想通貨や金融に対するリテラシーを向上に繋がるセミナーのような動きは、今日本で求められている投資家へのアプローチとして注目されるだろう。

CoinPost関連記事

マネックス証券、コインチェックとの連携で「仮想通貨販売」を検討|新社長が語る意気込み
マネックス証券の新社長に就任した清明祐子氏は、「第二の創業」の新機軸として「クリプトアセット(暗号資産)事業」を据え、マネックスグループとコインチェックの結びつきを一層強化する方針を述べた。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック