仮想通貨ATMがXRP(リップル)の売買に対応 米ニュージャージー州で

XRP取り扱いが開始、BelcoBTM社の仮想通貨ATMで
BelcoBTM社の仮想通貨ATMでXRP(リップル)の取り扱いが開始された。同ATMは米ニュージャージー州内12か所に設置されており、現金でのXRPを含めた仮想通貨の売買が可能となる。

BelcoBTM社の仮想通貨ATMでXRP取り扱いが開始

米BelcoBTM社が、同社の提供する仮想通貨ATMによるXRP(リップル)の取り扱い開始を発表した。これまでの取り扱いはBTC、ETH、LTC、BNBとの4通貨に限られたが、新たにXRPが加わる形となる。同ATMは、米ニュージャージー州内12か所の店舗に設けてある。ATMを利用することで現金で仮想通貨の売買が可能となっている。

以下は、あるユーザーが実際にATMを利用した際の映像だ。

このATMは仮想通貨へのアクセスを容易にする便利なサービスであるが、一方で手数料の高さが指摘されることもある。実際に、現時点の手数料は5%から12%とやや高く、同社はそれについて「手数料削減に努めている」と言及した。

ただ、現状はオンラインの取引所よりもかなり高い手数料が必要となってしまうものの、KYCなどの登録プロセスが必要でないため即時に現金で仮想通貨を売買できる利便性は魅力的だ。手数料の課題が解決すれば、さらなる仮想通貨ATMの普及、売買の簡易化による仮想通貨人口の増加も見込めるだろう。

米国における仮想通貨ATMの現状

全世界の仮想通貨ATMに関するデータを提供するCoin ATM Radarによると、米国の仮想通貨ATM設置台数は2910台と世界トップとなっている。次点でカナダの638台、オーストリアの274台となっているが、米国のATM設置数は圧倒的だ。

昨年4月から今年4月まで米国のATM台数は約60%増加。さらに、世界全体の仮想通貨ATM数は現在4649台であり、米国だけで設置台数の約63%を占める形となっている。

そのようなATM数増加の勢いからは、今後もさらに普及が加速していくことが予測できるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック