「PoS」の開発が6月末に完了 イーサリアム2.0に向けた重要な一歩目に|イーサリアム開発会議

フェーズ0の開発完了が間近に迫る
PoWからPoSへの移行にも関わる開発段階「フェーズ0」が6月末を目処に完了すると、関係者が明かした。(全7フェーズ)イーサリアム2.0に向けた重要な一歩めとなる。

フェーズ0の開発完了が間近に迫る

5月2日に行われたイーサリアムのコア開発者会議にて、イーサリアム2.0の開発第1フェーズにあたる「フェーズ0」の開発が完成に近づいていることがわかった。現在イーサリアム2.0へのアップグレードでは、7つの段階に分けられて開発が進められているが、フェーズ0の開発が完成に近き、完了の目処が6月末に設定されたという。

フェーズ0では、投資家からも最も注目されているイーサリアムのコンセンサス・アルゴリズムの変更「PoWからPoSへの移行」にも関わる開発工程となる。PoSへの以降はイーサリアム2.0の根幹をなす部分であるため、フェーズ0は非常に重要な位置付けの一つだ。

なお、この時点(6月末)でイーサリアムが完全にPoSに移行するわけではないが、実行されるBeacon Chainでのステーキングが開始される可能性があり、将来的なイーサリアムへの投資判断で重要になるステーキングによる影響(報酬や流通量制限など)の判断に重要な動きとなる可能性がある。また、注目されるPoSシステムにも関係する開発フェーズが完了することによる期待感も高まるかもしれない。

イーサリアム調査員のJustin Drake氏は同会議中に、そのフェーズ0の完成時期について6月の終わり頃になると言及を行なった。

Drake氏は、

現在、開発の真っ只中だが、コードの単純化は順調に進んでいる。

こうした細かな作業は、バグ修正のために行われている。

とも話しており、開発の進捗状況は順調なようだ。

イーサリアム2.0、3.0のロードマップ

イーサリアム2.0

フェーズ0:シャード未実装のビーコン・チェーン

  • Casper FFGを用いた、決済ファイナライズのための「PoS」ビーコンチェーン
  • バリデータがブロックを提案する際に、RANDAOを利用し、RNGを作成する
  • RNGのアウトプットからProposerとattestation committeeを組織化する
  • バリデータがクロスリンクを生成
  • フェーズゼロの詳細

フェーズ1:EVM未実装の基本的なシャーディング

  • 取引をせずに、シャードにバイナリ・ラージ・オブジェクト(Blobs)が集められる
  • 提案者はバイナリ・ラージ・オブジェクト(Blobs)を提出する
  • 公証
  • より詳しい内容はphase 1 specimplementationsを参照

フェーズ2:EVMのステート移行機能

フェーズ3:ライトクライエントステートのプロトコル

フェーズ4:クロスシャード・トランザクション

フェーズ5:チェーンのセキュリティ強化

フェーズ6:指数関数的シャーディング

  • 再帰的シャード
  • 負荷分散

イーサリアム3.0

  • Casper CBCの導入
  • zk-STARKs
  • ヘトロジーニアス・シャーディング(他のシャードの照合頻度に影響を与えずに、あるシャードにおいて、gasあたりに捌くトランザクション量が増加する)
  • Sharding実装を超える、ポテンシャルを秘めたアイデアはあるのか?

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック