10億人利用のFacebookメッセンジャー「WhatsApp」、ビットコインやイーサリアムなど送金可能に

WhatsAppでビットコイン送金
フェイスブックが運営する世界最大級のメッセンジャーアプリ「WhatsApp上」で仮想通貨ビットコインやイーサリアムなどを送金・入金することができることが判明した。

WhatsAppでビットコイン送金が可能に

世界最大手SNS企業フェイスブックが運営する人気メッセンジャーアプリWhatsApp上でビットコイン・ライトコイン・イーサリアムを送金することができることが判明した。

仮想通貨決済ボットを開発するスタートアップZulu Republicは20日、WhatsAppで利用できる仮想通貨送金プラットフォーム「Lite.Im」を発表した。

利用の仕方として、「Lite.Im WhatsApp」のボットを追加すれば、WhatsAppのユーザーはその送金・入金やウォレットの機能などを利用することができるという。

WhatsAppはフェイスブック社が運営するメッセンジャーアプリで、中国の「WeChat」のユーザー数とほぼ同様で、10億のユーザーを擁しており、180ヶ国以上で利用されている。

Zulu Republicはこれまで仮想通貨の普及において「ソーシャル・メッセンジャー」の重要性を重視してきている。特にWhatsAppを多く利用している東南アジアやアフリカにおいては、銀行口座を持たない「アンバンク」の人口に向けて、メッセンジャーアプリを通した仮想通貨の送金サービスに対する需要はすでに見受けられており、今後もそれが増加していくと予想されている。

この送金サービスはフェイスブックが開発したものではないものの、フェイスブックは直近、独自の仮想通貨・ブロックチェーンプロジェクト「Libra」に関連する企業「Libra Networks」をスイスに設立していた。すでにブロックチェーンエンジニアを積極的に雇い、水面下でも独自の仮想通貨を進めているとされるフェイスブックは今後、WhatsAppなど自社のプラットホームで利用できる米ドル基軸のステーブルコインを発表する可能性が高く、業界の有識者集めている。

このように、ビットコインなどの仮想通貨は、フェイスブックなどの大手企業が所有するプラットフォームにて活用されることで、普及が浸透しつつあると言えるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック