「速報」バイナンス・シンガポール、イーサリアムとBNBを上場

バイナンス・シンガポール取引所、イーサリアムとBNBを上場
4月に開設されたバイナンスのシンガポール法定通貨取引所にて、ETHとBNBのSGD建て取引ペアを新たに提供する。今後Binanceの法定通貨建ての取引事業に注目。

バイナンス・シンガポール、ETHとBNBを上場

世界最大手仮想通貨取引所Binanceのシンガポール系列取引所「バイナンス・シンガポール」は、新たにイーサリアム(ETH)とBNB(バイナンスの独自通貨)の取引ペアを上場させた。現在すでに取引ができるようになっている。

取引ペアはシンガポールドルSGDとのペアとなる。

  • ETH/SGD
  • BNB/SGD

既存のBTC/SGDに加え、バイナンス・シンガポールは現在3つの仮想通貨銘柄の取引を提供している。

今年の4月、Binanceは同社の三番目となる法定通貨建て取引所バイナンス・シンガポールを新たに設立した。シンガポールの系列以外にも、イギリスポンドGBP建てとユーロEUR建てを提供する「バイナンス・ジャージー」と、アフリカの国ウガンダの法定通貨UGXを提供する「バイナンス・ウガンダ」が運営されている。

さらに昨日、Binanceは「米ドル(USD)建て」の取引所開設をほのめかす画像を公開した。公式ツイート上では、「ローディング…90%」との進捗度が表示されており、新たに米ドル建ての仮想通貨取引ペアの提供可能性を示唆する。

昨年末、BinanceのCEOを務めるCZ氏は、全ての大陸においてそれぞれの法定通貨建ての取引所を開設する目標を発表した。今後の進捗は業界に期待されているだろう。

CoinPost関連記事

米最大手仮想通貨取引所コインベースが証拠金取引検討、アジア展開ではバイナンスにラブコール
Coinbaseのビジネス部門VPが、The Blockの取材にて「証拠金取引」の実装に言及した。アジア市場の展開については、バイナンスと「敵対関係でなく友好関係」を構築したいと秋波を送っている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら