仮想通貨取引所バイナンス、英ポンドにペッグされた新ステーブルコイン発行をテスト

バイナンスが英ポンドペッグのステーブルコインをテスト
バイナンスが、英ポンドにペッグされたステーブルコインを独自ブロックチェーン上でテストしていることが明らかに。ブレグジット問題を見据えた「バイナンス・ジャージー」でも欧州進出を本格化させている。

バイナンスが英ポンドペッグのステーブルコインをテスト

バイナンスが、英ポンドペッグのステーブルコインの発行を、独自ブロックチェーンであるBinance Chain上でテストしていることが明らかになった。

あるTwitterユーザーが、最初に今回の新たなステーブルコインを発見し、それをツイート。バイナンスのCEO、CZ氏はそれに対して「まだテスト段階であり、200ポンドしか発行されていないが、着実に進んでいる」と返答した。

CZ氏は、ユーロペッグのステーブルコインの発行についても言及。「マイナス金利があるので、少々複雑な心境だ」と述べている。

バイナンスは、今年1月には、英ポンドとユーロ建の法定通貨取引を提供する新たな取引所「Binance Jersey」をローンチしており、欧州の顧客獲得に向けた動きが加速している。

なお、今回発表された新たなステーブルコインの、正式なローンチ時期についてはまだ判明していない。今後も関連情報に注目が集まるだろう。

CoinPostの関連記事

国内景気は不況を示唆する「リセッション」にあるのか?内閣府が基調判断を下方修正|仮想通貨ビットコイン市場への影響を探る
日本政府が発表した「景気動向指数」が、3ヶ月連続で悪化した。リセッションが深刻化すると恐慌に陥るとされるが、世界的金融危機など地合い悪化時の仮想通貨市場への影響を探る。
英ブレグジット、10月31日まで再延期 EU27カ国が合意|仮想通貨市場の連動下げも回避
EU27カ国の首脳が英国の欧州連合(EU)離脱再延期に合意したことがわかった。「合意なき離脱」か、「延期」か12日の離脱期限が山場と見られていた。堅調な推移を継続する仮想通貨市場においてもプラスの動きとなる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック