「ビットコインは次の上昇波前に70万円まで反落する可能性がある」| eToroアナリストが警鐘を鳴らす理由

ビットコイン価格は大台目前にして反落する予想
強気の様相を見せるビットコイン相場であるが、短期的には6,500ドルまで下落する可能性を示唆する見解がeToroアナリストのピーター氏より発表された。楽観的な見方が広がる中で警鐘を鳴らす。

ビットコインは10,000ドル目前で反落するか

ビットコイン価格は、強気の市場心理が続いている。

直近数ヶ月で200%以上の価格上昇を見せるなど、昨年12月に記録した3,100ドル(約34万円)の底値から3倍以上になっていると強気市場の中、それに警鐘を鳴らす見解が米仮想通貨メディアCCNにより発表された。

分析はマルチアセット投資プラットフォーム「eToro」のアナリスト、サイモン・ピーター氏によって行われた。同氏はCCNへのメールの中で、以下のように述べた。

9,000ドル(約98万円)を割ることはビットコインにとって重要局面になる一方で、さらに上昇を続けるという見解に関しては懐疑的だ。…価格は、次なる上昇波を迎える前に6,500ドル(約70万円)まで下落する可能性がある。

ピーター氏は直近の上昇に関して、理由として国際政治がその一つだと言及した。米中貿易摩擦、英国での新首相就任、香港での抗議デモなど多くの重要ニュースが起きていたことが総合的に価格上昇の引き金になっていた。

投資家の中には、リスク回避の目的で仮想通貨などの資産に投資する動きがあったとみられる。テザーが新たに1億5千万ドル(約150億円)分のUSDTを発行したことは、過去の傾向からして、それが原因で価格を押し上げた可能性もある。

現在まで10,000ドルに向けて断続的に上昇を続けていたビットコインであるが、価格上昇の原因が一時的なものであった場合、今後価格が上昇し続ける可能性を否定する見解も頷ける。楽観的な視点に加えて、リスクも織り込んでおく必要がありそうだ。

センチメント分析で明らかになった長期的トレンド

一方で、マーケットデータを元に楽観的な市場を予想する分析も発表されている。

投資家向けにセンチメント分析やマーケットデータを提供するプラットフォームTheTIE.ioの共同創業者ジョシュア・フランク氏(以下フランク氏)は、ビットコイン価格と100日平均センチメントスコアを比較した分析を公開した。

分析によると、現在は、最終的にビットコインの価格が20,000ドルまで上昇した2017年半ば以来、最も長期にわたって長期のポジティブセンチメントが続いているという。

すなわち、100日平均をとった(長期の)ポジティブな市場心理を表す指標が当時以来最も長く続いていることを示しており、これは投資家の長期的な楽観的見方が継続的に現れていることを意味する。

このスコアは、ビットコインの価格が3,670ドルであった2019年2月17日にポジティブに転じており、それを維持したまま現在120日以上が経過している。

更にフランク氏は、これにソーシャルメディアでのトレンドの分析も加えている。同氏曰く、ビットコインに関するツイートは過去最高時と比較するとその水準には達していないが、その数はおびただしい勢いで伸びているという。

現在ツイッターのユニークアカウントからされるツイートは飛躍的に増加している。ビットコインに関するツイートの数に加え、ユニークユーザあたりのツイートも増加している。

今回の分析は、投資家の心理をマクロ的に捉える興味深いものであった。相場に対する長期的な楽観的見方が強まっている傾向にあるのは可能性として大きい。

長期的には10,000ドルの大台を目指す

長期的なトレンドに関しては、eToroアナリストのピーター氏もポジティブな見方を示している。

ビットコインの持つ、限られた供給量、価値の分割可能性、資金移動の容易さといった特性を考えると、ビットコインは資金を安全に避難させておく場所としての役割を担いうる。このような点が機関投資家の仮想通貨への興味を引いてきた理由の一つである。

ピーター氏はこのようにビットコインの持つ避難場所としての側面を強調し、「(短期的には価格が反落するものの、)今年価格上昇が継続的に見られたように、10,000ドルは確実に視野に入ってくるだろう」と付け加えている。

先週末にかけて日本円では100万円の大台を突破し、10,000ドルを突破する勢いで上昇していたビットコインであるが、短期的な下落のリスクを考えることは無駄ではない。長期的に見るとポジティブな見方は依然として多く、短期視点と中長期視点の両方を持った上での今後の価格変化に注目したい。

ビットコイン100万円の大台目前まで急回復、3つの上昇要因を考察|仮想通貨市況
仮想通貨ビットコイン(BTC)が100万円の大台目前まで急回復、上昇要因と、値動きのポイントを解説。バイナンス・ショックで再来するアルトドレイン、昨年に有価証券問題で揺れたリップル(XRP)など、アルトの厳冬は訪れるのか?
ビットコイン価格に先行?1億ドル相当のUSDTが新規発行 その相関性とは|仮想通貨朝市況
1年1ヶ月ぶりに大台「100万円」に達したビットコインは、一時102万円まで高騰するも維持できず、17日には再び98万円台へと反落。仮想通貨時価総額は30兆円に到達し、年初水準1275億ドル(13.7兆円)から2.2倍水準まで回復した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら