仮想通貨ウォレット「エレクトラム」、ビットコインのライトニングネットワーク実装へ

エレクトラムの機能が向上
人気の仮想通貨ウォレット「エレクトラム」に、ビットコインのライトニングネットワークが実装されることが明らかになった。取引の高速化や手数料削減、取引規模の拡大を目的としている。

エレクトラムにライトニングネットワークを実装

人気の仮想通貨ウォレット「エレクトラム」に、ビットコインのライトニングネットワークが実装されることが明らかになった。

エレクトラムの開発者であるThomas Voegtlin氏が、ウクライナで開催されたブロックチェーンのイベントで、正式なリリースが近づいているとCoinDeskに語ったという。具体的なリリース日は明かしていないが、イベント会場で新しいエレクトラムのテスト版を披露した。

ライトニングネットワークとは、オフチェーン上のセカンドレイヤーペイメントプロトコルのことで、この技術を導入すればビットコインのネットワークを直接利用するよりも、取引の高速化や手数料の削減が可能になり、さらに大きな取引ができるようになる。

Voegtlin氏はライトニングネットワークの実装について以下のように語った。

我々は約1年ライトニングネットワークの実装に向けて取り組んできた。そして現在は本格的に実装できる段階に達している。

実際の稼働は7月末までには実現するだろう。我々はユーザー自身が自分の資産の管理をできるようになることを望んでいる。

高速性やシンプルさで人気となっているエレクトラムが、ライトニングネットワークの実装でどのくらい利便性が増すか、期待して見守りたい。

CoinPostの関連記事

仮想通貨ウォレット「エレクトラム」を狙うDDoS攻撃、その巧妙な手口と対策を解説
Electrumウォレットのソフトウェアの脆弱性を突いた不正なメッセージ表示により250BTC以上が盗まれたハッキング事例。その巧妙な仕組みや、それへの対策など、詳細を解説していく。
仮想通貨USDT、年内にライトニングネットワーク導入を検討|BitfinexがdApps分野へ本格参入か
仮想通貨取引所Bitfinexが、テザー(USDT)へのライトニングネットワーク実装を検討。年内での実装を見込んでいる。また、同社がdApps分野へ本格参入の兆しも。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら