米大手デリバティブ取引所CMEがイーサリアム先物提供を準備中か|インデックス強化で市場に期待感

CMEがイーサリアムの価格の信頼性向上へ着手
米デリバティブ取引所CMEが、イーサリアムのインデックスを提供するに当たり、データ収集先に仮想通貨取引所のitBitを追加することを発表。イーサリアムの先物提供開始に向けた動きであるとの見方もでてきている。

CMEがイーサリアム先物の提供を準備中か

米大手デリバティブ取引所CMEが、イーサリアム(ETH)/米ドルのレートとイーサリアム(ETH)の現物取引価格のインデックスを提供するに当たり、データ収集先に仮想通貨取引所のitBitを追加することが明らかになった

仮想通貨メディアThe Blockが報じた匿名筋の見解では、「これはイーサリアムの先物提供への準備だ」と話していると考えているという

CMEは2018年5月14日にイーサリアムのインデックスの提供を開始し、インデックス算出の参考にする取引所としてBitstampとKrakenを挙げていた。今回itBitが追加され、イーサリアムのインデックスの信頼性、またインデックスの強化となった格好だ。新しいデータの提供開始の具体的な日程は上記の公式サイトに記述はないが、今年の7月15日から追加されると複数メディアが報じている。

上述した2018年5月の時点でも、イーサリアムインデックスの追加で、CMEにおけるイーサリアム先物商品の誕生が期待されていたが、今回も同様の期待感が市場で広がっている。

CMEは、複数のスポット市場の合計価格でインデックス価格を算出する「価格設定方法」を導入することによって投資家のリスクの軽減を目指しており、ボラティリティが高く、一つの取引所で仕掛けが起きるなど、市場の不安定さのリスクヘッジに努めている。

このインデックスの算出方式は、ビットコイン先物の提供を終了したCboeと明暗がわかれた重要ポイントでもあり、CMEのビットコイン先物に需要が集まった理由の一つにもなる。

今回データ入手先の取引所を増やしたことは、イーサリアム先物商品も踏まえた動きであるとの見解は、可能性としては否定できない。

ビットコイン先物商品の現状

CMEが提供するビットコイン(BTC)先物は需要が増加傾向にある。2019年における全取引所の口座開設の内、ビットコイン先物を取引する口座が30%に上ることが今月判明。ビットコイン先物を取引するアカウントに関し、取引開始時点から2960口座、今年だけでも950口座増加したことも明らかになった。また、6月17日には1日あたりのビットコイン先物の未決済建玉が過去最高を記録した。

このことからもビットコイン価格の上昇に伴い、伝統金融商品と比較してもビットコイン先物が存在感が徐々に強まっている可能性はあり、仮想通貨商品の需要拡大が実数値として見えてきた

CoinPostの関連記事

日本円/米ドル先物などを取り扱うCME、新規口座のうち30%がビットコイン先物を取引
米大手デリバティブ取引所CMEにて、取引所全ての口座開設(2019年)の内、ビットコイン先物を取引する口座が30%に相当することがわかった。BTC先物の未決済の建玉の増加が確認されている同取引所において、需要拡大が実数値として見えてきた。
仮想通貨市場で過去最大級の「CMEビットコイン先物」LS比から紐解く、機関投資家の視点
6月第2週におけるCMEビットコイン先物の統計データが公表された。機関投資家はショートポジション偏重傾向にあり、アセットマネージャーはロングポジション偏重傾向にあったことが明らかになるなど興味深いデータが確認できる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら