テックビューロ ホールディングス、ネム財団との業務提携を発表|mijin CatapultはAWSに提供へ

テックビューロ、NEM.io財団と業務提携
テックビューロホールディングス社が海外マーケティング活動に関して「ネム財団」と提携した。Amazon Web Services(AWS)に対し、mijin Catapult(v.2)の提供準備を進めていることも明らかに。

テックビューロ、NEM.io財団と業務提携

テックビューロ ホールディングス株式会社は、2015年9月より提供する汎用型プライベートブロックチェーン製品「mijin」、および今年6月に製品版をリリースした最新版次世代コアエンジン「mijin Catapult (v.2)」の海外での販売促進ならびにマーケティング活動に関して、NEM.io財団と業務提携契約を締結した。

背景

NEM.io財団は、NEMブロックチェーン技術の世界的な普及啓発を行うため、2017年3月に設立された非営利組織で、現在世界12カ国に約80名のメンバーが活動していいる。

今年1月にはこれまで世界の各支部に大きな裁量権を与えてきた地域代表体制を改め、活動の透明性と監督体制を強化する新組織を発足した。同時に、次世代プラットフォームとして期待されるCatapult (NEM v.2) のローンチも年内に控え、NEMブロックチェーン技術の継続的な開発支援およびバックエンド開発を担うNEMスタジオを立ち上げるなど、収益基盤の強化は必要不可欠な要素となっている。

一方、テックビューロホールディングスは、Catapult (NEM v.2) に先行し、今年6月にmijin Catapult (v.2) の製品版リリースを皮切りに社会実装が拡大する海外ブロックチェーン市場に焦点をあて、クラウド上でブロックチェーンを提供するBaaS (Blockchain as a Service) 製品の海外マーケティング活動のさらなる強化を進めている。

目的

テックビューロホールディングスは、NEM.io財団設立当初から次世代プラットフォームCatapultの開発に向けて経済的支援を行ってきた。本業務提携では、NEM.io財団の収益基盤の強化と当社の海外における販売促進ならびにマーケティング活動の強化を目指し、より一層の連携強化を行なっていく。

内容

NEM.io財団による海外における当社BaaS製品の販売実績に応じて、一定割合をレベニューシェアする。

2019年7月現在、世界140カ国で利用可能なMicrosoft Azureにおいて、ブロックチェーンソリューションとして、mijin (v.1)を提供している。また、世界190カ国で利用されているAWS (Amazon Web Services) においてもmijin Catapult (v.2)の提供準備を進めている。

NEM.io財団 について

NEM.io財団は、NEMブロックチェーン技術の世界的な普及啓発を行うため、2017年3月に設立された非営利組織で、現在世界12カ国に約80名のメンバーが活動している。

NEMは、2015年3月に始動した国際的なブロックチェーン技術開発プロジェクト(オープンソース)で、3,000名を超えるメンバーが設計開発を行なっている。NEM.io財団は、今年6月に新しく設立したNEMスタジオを通して、これまでの普及啓発活動とともにNEMブロックチェーン技術の継続的な開発支援およびバックエンド開発に取り組んでいる。

NEM公式サイト:https://nem.io/

Facebook:https://www.facebook.com/ourNEM/

Twitter:https://twitter.com/NEMofficial

mijin について

mijinブロックチェーンは、クラウド上や自社データセンター内に企業内や企業間で利用可能なプライベートブロックチェーン環境を構築するためのソフトウェアとなる。既存のデータベースや勘定システムを置き換えて劇的にコストを削減すると同時に、改ざん不可能な高セキュリティ環境の構築と実質的なゼロダウンタイム環境を実現する。

mijinブロックチェーンは、NEMのコア開発者が当社に合流して開発したNEMプロトコルを採用した汎用型プライベートブロックチェーン製品で、金融機関から電子マネー、認証システム、登記システム、ロジスティクスのトラッキングまで幅広い分野で利用可能。

テックビューロ ホールディングスグループについて

テックビューロ ホールディングスグループは、日本、北米、欧州に拠点を置き、仮想通貨技術とブロックチェーン技術に基づいたソフトウェアとサービスを開発しているクリプト・フィンテック・ラボ(Crypto-Fintech Lab.)。プライベートブロックチェーン製品「mijin」とトークンの発行販売を用いた資金調達ソリューション「COMSA」など、ブロックチェーン技術導入の受託開発やコンサルティングサービスを提供している。

mijin公式サイト: https://mijin.io/

COMSA公式サイト: https://comsa.io/ja/

Facebook:https://www.facebook.com/mijinio

Twitter:https://twitter.com/mijin_io

CoinPostでネム財団公式コラムを開始

▶️ネム財団公式コラム(Nodee by CoinPost)

CoinPostの関連記事

仮想通貨ネム(NEM)『カタパルトアップデート:ドラゴン』注目の機能を公式発表
仮想通貨NEMの次世代フル機能コアエンジン、カタパルトのサーバー第4マイルストーン『Dragon』がリリースされる。ノードが受益者用のパブリックキーを設定することで、リワード分配が可能に。
10歳の天才少女が「NEM(ネム)」を利用した学習支援アプリ、KIDLetCoinを開発
NEMを利用しブロックチェーンアプリを開発した10歳の天才少女に注目が集まっている。仮想通貨やブロックチェーンのことを教わったというNEM財団に勤める母親を持つ彼女は、「子どもによる、子どものための」を合言葉に挑戦を続けている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら