金融庁「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンス研究」の入札公告を布告

ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンス研究がテーマ
金融庁は「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンスに関する研究」と題する企画競争に関する入札公告を布告した。幅広いテーマでの募集となり、多様な事業者からの申し込みが予想される。

多様な事業者の申し込みに期待か

金融庁は9日、「ブロックチェーン技術等を用いた金融システムのガバナンスに関する研究」と題する企画競争に関する入札公告を布告した。


詳細の説明会は18日(木)に開催され、参加申し込みは8月1日(木)5時が締め切りと指定されている。

金融庁の企画競争の入札公告は、金融政策等に関するさまざまなテーマで行なわれるが、今回のテーマは参加資格の範囲も広い。そのため、金融関連だけでない、多様な事業者からの申し込みが予想されると同時に、ブロックチェーンに関して関心を持つ、幅広い層からの入札への参加が期待されているといえそうだ。

CoinPostの関連記事

フェイスブック支援の「リブラ」仮想通貨でない可能性が高まるか|金融庁の見解とは
日経の報道によれば、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」について金融庁が、仮想通貨に当たらない可能性が高いと公算。リブラが電子マネーの形態をとる場合、その規制はより厳格なものとの解釈も。
年金だけでは不足、金融庁が老後に2000万円必要とする理由|仮想通貨ビットコインの関心も拡大
金融庁の最新報告書は、「年金制度」が事実上破綻する可能性を示唆した。時代背景から株や仮想通貨(ビットコイン)投資の関心も高まりつつあり、資産運用の重要性が一層高まっていくことが想定される。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら