法定通貨建て仮想通貨取引所「バイナンス・シンガポール」が正式ローンチ

「バイナンスシンガポール」が正式にローンチ
「バイナンス・シンガポール」は10日、パブリックローンチを正式発表した。バイナンスは、中国のVCとシンガポールのブロックチェーン仮想通貨エコシステムの拡大を目論む。

「バイナンス・シンガポール」が正式にローンチ

4月にソフトローンチを行なった取引所「バイナンス・シンガポール」は10日、パブリックローンチを正式発表した。

正式ローンチをシンガポール版バイナンス取引所は、シンガポールの法定通貨建てによる3つの仮想通貨ペアを提供する。

  • BTC/SGD
  • ETH/SGD
  • BNB/SGD

バイナンス・シンガポールは、バイナンスが3番目に設立した法定通貨取引所系列だ。他には、イギリスポンドGBP建てとユーロEUR建てを提供する「バイナンス・ジャージー」と、アフリカの国ウガンダの法定通貨UGXを提供する「バイナンス・ウガンダ」が設立・運営されている。

今回の発表では、バイナンスはその出資企業である中国VC「Vertex Venture China」などと協力し、シンガポールでのブロックチェーンエコシステムの拡大を計画するという。また、Vertexとの連携で、シンガポールでの新たな法定通貨ゲートウェイを確立することの計画の一環としている。

なお、4月のソフトローンチ以来、ユーザー登録・利用数は毎週およそ20%の増加を記録しているとのことだ。

バイナンスの事業拡大の歩みは止まらないと言えるだろう。先週、CEOのCZは大型カンファレンスにて、先物取引に関する発表を行い、最初に提供する商品が「BTC/USDT」であり、レバレッジ最大で20倍(オープン時)ということが明らかになった。

サービスのパブリックローンチは明確でないが、「数ヶ月以内に実施する」とCZ氏は言及している。

CoinPostの注目記事

Ripple社 CTO「ITバブルと同様、仮想通貨市場の”真の勝者”は予測できない」
RippleのDavid Schwartz氏は、XRP(リップル)価格がBTC価格と連動している理由に言及。市場が直面する最大の課題について独自の見解を述べた。An Altcoin Trader's Handbookの著者は、イーサリアムに関してデカップリングの可能性を指摘した。
バイナンス生誕2周年、取引手数料割引の延長とBTC・ETHの入出金ブロック確認数調整
立ち上げ2周年を記念する仮想通貨取引所バイナンスは2つのサービス更新を発表。2020年7月までの取引手数料の割引変更と、2つの主要仮想通貨の入出金ブロック確認数の引き下げだ。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら