国内大手DMMビットコイン、仮想通貨リップル(XRP)上場を発表|18時メンテ終了後

DMMビットコイン、XRP取り扱い開始
国内大手仮想通貨取引所DMM Bitcoinは10日、18時から仮想通貨リップル(XRP)の現物取引を取り扱い開始することを発表した。Nodee by CoinPostではDMM Bitcoin代表取締役の田口氏のコラムを掲載、好評を博している。

DMM Bitcoinにリップル上場

DMM Bitcoinは7月10日(水)、18時から仮想通貨リップル(XRP)の現物の取り扱いを開始することを発表した。週次メンテナンス後の18時より、「現物取引」にてXRP/JPYの取引が可能となる。

人気女性タレント、ローラのCMでお馴染みの同取引所は、取引アプリが70万DLを突破。新規口座の開設でもらえる「1,000円プレゼントキャンペーン」も開催中となる。

▶︎DMM Bitcoin

5月31日にはモナコインがコインチェックに上場、国内事例では1年5ヶ月ぶりとして反響を呼んだ。業界全体の課題であった金融庁の一斉立入検査および業務改善命令から一年以上が経過し、国内取引所でも取り扱い銘柄が増えることで、国内市場におけるサービス拡充や流動性向上が期待される。

CoinPostでDMM Bitcoinコラム掲載中

なお、Nodee by CoinPostでは、DMM Bitcoin代表取締役の田口氏が寄稿するコラム「交換業者からみた仮想通貨業界の盛衰、2019年注目のポイントは」を掲載、好評を博している。

コラム第2弾は、本日17:30公開予定。

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所コインチェック上場でモナコインが高騰|国内の新規上場は1年4ヶ月ぶり
国内の仮想通貨大手取引所コインチェックは31日、モナコインの新規上場を発表した。国内での新規コイン上場は、2018年1月末にbitFlyerにLsikが上場して以来、約1年3ヶ月ぶりとなる。
DMM Bitcoin代表田口氏:仮想通貨の発展を妨げるジレンマを解説|高金利付き電子マネー発行の計画も明かす
DMM Bitcoin代表取締役の田口 仁氏が「Japan Blockchain Conference YOKOHAMA Round 2019」登壇し、同社の仮想通貨(資産)への見解、またブロックチェーン技術を用いた新たなサービスなどを解説した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら