CoinPostで今最も読まれています

サッカークラブ「ASローマ」ブロックチェーンを利用する投票システム導入へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「ASローマ」がブロックチェーン技術を導入へ
プロサッカークラブ「ASローマ」が、ブロックチェーン企業Chiliz社と協力関係を締結。ブロックチェーン技術を利用した投票システムの導入へ。

「ASローマ」がブロックチェーン技術を導入へ

イタリア・セリエAのプロサッカークラブ「ASローマ」が、ブロックチェーン企業Chiliz社とパートナーシップを結び、同社が支援を行うブロックチェーン技術を利用した投票システム「Socios.com」に参加することが明らかになった。

7月19日に公開された公式文書によれば、そのSociosとはブロックチェーンをベースとしたファンのエンゲージメントの向上や報酬の配当を行うプラットフォームで、ファントークン「ASローマ・ファントークン」をASローマのサポーターに配布し、投票を行うために同トークンが利用されるとのことだ。

その投票により一定の範囲内でクラブの方向性が決められるとし、クラブ投票対象には、クラブ施設の命名などがあるという。

また、そのファン・トークンは、Socioのネイティブトークンと取引が可能としている。

Sociosの設立者でありCEOのAlexandre Dreyfus氏は、「現在提携を結ぶチームのファンの人数を考えると、Chiliz(CHZ)やSocios.comの両方にとって、そのポテンシャルは大きい」と語る。それらプロジェクトにとっても大きなチャンスであるとみているという。

Sociosネットワークへのその他参加チームには、ユヴェントスFCやパリ・サンジェルマンFC、ウェストハム・ユナイテッドFCなどがあり、今回でサッカークラブとしては4チーム目の参加となる。他にはヨーロッパに拠点を置くeスポーツチームのOGも同プラットフォームを利用している。

ASローマはイタリアにおいて5番目に人気のチームであり、そのファンの人数も相当な規模だ。今回の提携により、仮想通貨やブロックチェーンへの知名度や理解度の向上が見込まれるだろう。

CoinPostの関連記事

ブラジル州政府、ブロックチェーンで公開入札プロセスを透明化|農産業などで活用見込む
ブラジルのバイーワ州は、政府契約における公開入札プロセスを追跡するブロックチェーンアプリをローンチ。特に農産業といった分野での活用が見込まれているという。
ALIS|企業・団体向けブロックチェーン証明書発行サービスを開始
株式会社ALISは、7月17日(水)、学歴や資格、デジタルコンテンツなど様々な証明を行いたい企業・団体向けに『ブロックチェーン証明書発行サービス』の提供を開始。ブロックチェーン技術を利用したサービスで企業や団体をサポートする。
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/09 金曜日
12:31
米Ark Invest、SECの提訴日にコインベース株30億円相当を購入
米大手ヘッジファンドARK Investが、米証券取引委員会が提訴を発表した6日に、30億円相当のコインベース株を追加購入していたことが、取引開示により明らかになった。
12:17
ビットコイン横ばい、主要取引所の現物取引高は前月比20%減
米SEC(証券取引委員会)によるバイナンスとコインベースの提訴を受け、現物出来高が細っている。ビットコイン(BTC)は横ばいで推移。イーサリアム(ETH)は大口投資家の数が減少している。
12:04
クラーケン、NFT市場を公式ローンチ 複数チェーンに対応
米大手仮想通貨取引所クラーケンは独自のNFT市場を正式に立ち上げた。イーサリアムとソラナに加えて、新たにポリゴンのブロックチェーンにも対応開始した。
11:35
イーサリアムの次期アップグレード「Dencun」、実装内容の決定
イーサリアムのブロックチェーン開発者は、次期アップグレード「Dencun」に向けて、改善提案(EIPs)のリストをまとめた。予定される最も大きな変更はEIP-4844で、L2のトランザクション手数料を大幅に低下させる目的を持つ。
10:20
ゲンスラー委員長の主張「SECはすでに規制ガイドラインを提供済み」
米SECのゲンスラー委員長は、バイナンスらに対する訴訟後、ビットコインなど仮想通貨に対する規制方針を改めて示した。SECは様々なガイドラインをすでに提供しているとも強調した。
09:35
ZK-EVM開発プロジェクトTaiko、30億円を調達
仮想通貨イーサリアムのスケーリングソリューション「ZK-EVM」を開発するTaikoは、2回のラウンドで合計約30億円の資金を調達。24年1Qにメインネットローンチを計画している。
08:00
「Lens Protocol」が20億円調達 テンセントなどが参加
ポリゴン基盤の「Lens Protocol」は8日、シードラウンドで1,500万ドル(20億円)調達したことを発表した。
07:35
10年超休眠状態だったBTC、52億円相当が移動
10年超休眠状態だった仮想通貨ビットコインについて、52億円相当が移動したことがわかった。大口送金は、送り先が取引所だった場合に売り圧力につながる可能性があるため、多くの投資家から関心を集める。
06/08 木曜日
12:59
米裁判所、SECに対しコインベース「規則制定請願」への1週間以内の回答を命令
米国控訴裁判所は、米証券取引委員会に対し、米大手仮想通貨取引所コインベースが同機関に求めた、仮想通貨の規則制定請願への回答を、1週間以内に提出するよう命じた。
12:56
アービトラムが約1時間の取引停止
仮想通貨イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューション、アービトラムが約一時間トランザクションの処理を停止した。その原因として、シークエンサーコードのバグがあったと報告されている。
12:44
仮想通貨相場は厳しい値動き SECによるバイナンス・コインベース提訴の余波続く
米SEC(証券取引委員会)がバイナンスやコインベースの提訴に踏み切る中、ビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)市場は低迷している。CPIとFOMCを翌週に控え様子見基調が続く可能性も考えられる。
11:40
米サークル社、シンガポールで決済ライセンス取得
米ドル建てステーブルコインUSDCなどを発行する米サークル社は、シンガポール金融管理局から大手決済機関としてライセンスを取得した。同国で事業拡大していく姿勢を示している。
11:25
ゲンスラー氏、SECトップ就任前にバイナンスに接触か
ゲーリー・ゲンスラー氏がSEC委員長に就任する以前、2019年3月に同氏が仮想通貨取引所バイナンスに接触し、自身を顧問として契約するよう売り込んだとする報道が出ている。
10:25
米イエレン財務長官、SECらの行動に賛意示す
米国のイエレン財務長官は、米証券取引委員会によるバイナンスとコインベースの訴訟を受けたインタビューで、ビットコインなど仮想通貨に対する方針を改めて示した。
09:50
ADAとSAND、SECの有価証券主張を批判
米SECが仮想通貨取引所バイナンスとコインベースを提訴した際、有価証券の例として挙げられた銘柄のプロジェクトがコメントを発表。本記事はADAとSANDのコメントを報じている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2023/06/15 ~ 2023/07/15
その他 未定
2023/06/16 09:30 ~ 20:00
東京 東京ミッドタウン八重洲
2023/06/18 10:00 ~ 19:00
Non Fungible Tokyo 2023 associated with Japan Blockchain Week
東京 東京国際フォーラム
2023/06/18 16:00 ~ 20:15
東京 アクセンチュア・イノベーション・ハブ東京
重要指標
一覧
新着指標
一覧