サッカークラブ「ASローマ」ブロックチェーンを利用する投票システム導入へ

「ASローマ」がブロックチェーン技術を導入へ
プロサッカークラブ「ASローマ」が、ブロックチェーン企業Chiliz社と協力関係を締結。ブロックチェーン技術を利用した投票システムの導入へ。

「ASローマ」がブロックチェーン技術を導入へ

イタリア・セリエAのプロサッカークラブ「ASローマ」が、ブロックチェーン企業Chiliz社とパートナーシップを結び、同社が支援を行うブロックチェーン技術を利用した投票システム「Socios.com」に参加することが明らかになった。

7月19日に公開された公式文書によれば、そのSociosとはブロックチェーンをベースとしたファンのエンゲージメントの向上や報酬の配当を行うプラットフォームで、ファントークン「ASローマ・ファントークン」をASローマのサポーターに配布し、投票を行うために同トークンが利用されるとのことだ。

その投票により一定の範囲内でクラブの方向性が決められるとし、クラブ投票対象には、クラブ施設の命名などがあるという。

また、そのファン・トークンは、Socioのネイティブトークンと取引が可能としている。

Sociosの設立者でありCEOのAlexandre Dreyfus氏は、「現在提携を結ぶチームのファンの人数を考えると、Chiliz(CHZ)やSocios.comの両方にとって、そのポテンシャルは大きい」と語る。それらプロジェクトにとっても大きなチャンスであるとみているという。

Sociosネットワークへのその他参加チームには、ユヴェントスFCやパリ・サンジェルマンFC、ウェストハム・ユナイテッドFCなどがあり、今回でサッカークラブとしては4チーム目の参加となる。他にはヨーロッパに拠点を置くeスポーツチームのOGも同プラットフォームを利用している。

ASローマはイタリアにおいて5番目に人気のチームであり、そのファンの人数も相当な規模だ。今回の提携により、仮想通貨やブロックチェーンへの知名度や理解度の向上が見込まれるだろう。

CoinPostの関連記事

ブラジル州政府、ブロックチェーンで公開入札プロセスを透明化|農産業などで活用見込む
ブラジルのバイーワ州は、政府契約における公開入札プロセスを追跡するブロックチェーンアプリをローンチ。特に農産業といった分野での活用が見込まれているという。
ALIS|企業・団体向けブロックチェーン証明書発行サービスを開始
株式会社ALISは、7月17日(水)、学歴や資格、デジタルコンテンツなど様々な証明を行いたい企業・団体向けに『ブロックチェーン証明書発行サービス』の提供を開始。ブロックチェーン技術を利用したサービスで企業や団体をサポートする。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら