LINEのdApps終了に2事例目 「4CAST」が8月26日にサービスを終了へ

LINEが今月2つ目のdApps終了発表
LINEのdAppsサービス「4CAST」が、8月26日をもってサービスを終了する。大手企業LINEによる今月2つ目のdAppsの終了の発表に、未開拓分野であるdApps関連のサービス継続の難しさが伺える。

LINEの4CASTがサービス終了

LINEが提供するdAppsサービス「4CAST」が、2019年8月26日をもってサービスを終了することがわかった。

4CASTは、イベントやスポーツの試合に対する勝敗を予想するプラットフォームとして誕生した。ラグビーワールドカップ2019や東京五輪2020を見据えたサービスを想定しているものと考えられていたため、大会開催前のサービス終了は残念との声が多く聞こえた。

8月2日にも以下の機能が終了。8月26日にウェブ版を含む全てのサービスが終了する予定だ。

  • 新規登録
  • Androidアプリの利用および新規ダウンロード
  • 友だち招待
  • ミッション
  • インセンティブ支給(ランキングインセンティブ・ユーザートピック参加人数達成インセンティブ・SNSシェアに対するインセンティブ・答え合わせに対するインセンティブ)

保有しているLINK Pointは、8月26日までならLINEポイントへ交換ができる。通常の交換基準に加えて、0.1LINK Point未満の場合もLINEポイントへ交換が可能。8月26日までに交換しなかった場合は、自動的にLINEポイントへ交換される。ただしこの場合は、0.002LINK Point未満の場合は交換がされないため注意が必要となる。サービスが終了した後は、ユーザーの情報も廃棄される予定だという。

LINEは知識共有コミュニティ「wizball(ウィズボール)」というdAppsも、2019年9月30日にサービスを終了する。また、6月28日には、上場企業メタップスの子会社が運営するdAppsゲーム「DIGSTAR」が、2019年7月31日をもってサービス終了することを発表した。大手企業でも、未開拓分野であるdAppsの運営が難しいことを示す事例が続いている。

CoinPostの関連記事

BYTHESEA.online|ブロックチェーンを活用した地域通貨で環境問題などの解決目指す
株式会社ダースーが運営するライフスタイルメディア・「BYTHESEA.online」は、ブロックチェーンを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」のテストプロジェクトを7月15日の海の日にあわせ開始した。
LINEクレジットカード「LINE Pay Visa」今年8月の予約開始を発表、初年度還元率3.0%
LINE CONFERENCE 2019で、クレジットカード「LINE Pay VISA」の詳細が発表された。唯一の決済スポンサーであるVISAと、東京五輪2020マーケティング領域における協業も行う。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら