バイナンスCEO「次の(仮想通貨)アルトバブルは”机上の空論”では終わらない」

バイナンスCEO「次のアルトバブルは”机上の空論”では終わらない」
バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏が、2017年の次のアルトシーズンについて独自の見解を述べた。現在の仮想通貨市場はビットコイン(BTC)ドミナンスが高止まりしており、アルトへの資金流入については、賛否両論渦巻いている。

バイナンスCEO、「アルトの春」到来について前向きな見解を示す

バイナンスCEOのChangpeng Zhao氏は、近く到来すると予測される次期アルトシーズンは、2017年に比較すると安定した結果になるだろうと見解を示した。

同氏によると、投機性の高かった2017年のアルトシーズンの時期と比較すると、現在は市場が十分に成熟しているという。

アルトシーズンとは、アルトコイン全体が一定期間の間上昇し続ける現象を指しており、2015年以降に4度確認されている。アルトコインとビットコインの相関性が低下する際、アルトコインの上昇が見られることがこれまでの傾向からも伺える。

Changpeng Zhao氏は、自身のTwitterアカウントで以下のように見解を示している。

2017年のアルトシーズンと次のアルトシーズンとの決定的な違いは、次のアルトシーズンは、”机上の空論”では決して終わらないことだ。次のアルトシーズンでは、実際のプロダクトとユーザーが確実にいる。

アルトコインへの投資がある意味リスクの高い投資であることに変わりない。だが、市場は2017年よりもずっと成熟している。

アルトシーズンには懐疑的な意見も

一方、CoinShareが最近発表した報告書によると、アルトシーズンへの見解はここまで楽観的ではない。

CoinShareによると、2019年時点では少なくとも、ビットコインが多くの注目を集めている一方、アルトコインに対する注目度は決して高くはないという。仮想通貨市場のオポチュニティ(好機)については、ビットコインによって測られるケースが依然として多く、2019年中にアルトシーズンが到来するとは言い難いという。

CoinMarketCapが発表したデータによると、ビットコインの時価総額は4月初旬から7月末までに市場全体で15%高くなり、そのドミナンスは50%から65%へと上昇している。仮想通貨市場は依然として、ビットコインの独占市場と見てとれる。

出典:CMC

また、仮想通貨リサーチャーのLarry Cermakは、バイナンスを介して取引されてきた新種類の仮想通貨は、投資パフォーマンスが極めて高い結果となっている点を認めた上で、IEO(Initial Exchange Offering) トークンについては、未だ投機性が高いものであり、長期的に価格が安定するとは言い難いと見解を示している。

同氏は、自身のTwitterアカウントで、「バイナンスのIEO(Initial Exchange Offering) における成功は、単にバイナンスのユーザー数が仮想通貨取引所として最大数を誇るためであり、それは他の仮想通貨取引所には真似し難い。」と述べている。

2017年後半、アルトシーズンが突然に到来したのと同様、次期アルトシーズンが近く到来するのではないかという見解や、それに対し否定的な見解が飛び交う。実際にアルトシーズンが到来するまで、暫くは現状のような論争が続きそうだ。

CoinPostの関連記事

この記事でわかる 仮想通貨規制に関連する米上院公聴会まとめ
31日、米上院銀行委員会は仮想通貨規制に関する公聴会を開催した。公聴会では、仮想通貨・ブロックチェーンの領域で世界をリードする意思や、仮想通貨に対する不信感など、議員らが示した見解の他、有識者も複数の見方と懸念を伝えた。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら