米送金大手MoneyGram、仮想通貨XRPを使う「xRapid」の利用を開始

MoneyGram、xRapidの利用開始を報告
送金大手MoneyGramが、xRapidの利用を開始していたことを決算報告書内で明言した。企業導入後のパフォーマンスデータが採用率の向上に繋がる可能性もある。

MoneyGramはXRPの利用をすでに開始

日本を含めた世界約200カ国・地域に23万拠点のネットワークを有する米送金大手MoneyGramが、xRapidの利用を開始したことを発表した。第2四半期の決算報告書で利用開始の旨が掲載された。

xRapidは「仮想通貨XRP」を利用したリップル社の送金ソリューションプロダクトの一つで、MoneyGramも2019年6月に利用を行うことを発表していた。

MoneyGramは200ヶ国を超える地域に外国送金サービスを提供、およそ35万拠点への送金を可能にしている世界の5大送金企業の一角だ。

xRapid利用に関する期待感には、米ドルから対象通貨への送金・換金を週7日24時間可能にするほか、外国為替の変動リスクの対応ができる点などが挙げられており、Moneygramは自社システムの流動性管理を劇的に合理化する可能性があると見ている。今後のさらなる運転コストの削減と利益増加にも期待感を示している。

MoneyGramは、先月6日にはリップル社と戦略的パートナーシップを締結。リップル社から最大で5000万ドルの出資を受けることが発表されている。

リップル社によると、xRapidを利用する企業や金融機関は現在20社を突破。2019年に入り、企業の導入数が増加傾向にある。xRapidの採用モデルを加速する上で、Moneygramの運用パフォーマンスデータが公開タイミングは、重要な指標となりそうだ。

決算報告書

CoinPostの関連記事

世界大手送金業者マネーグラム、韓国送金企業と提携|リップル社もパートナーヘ
世界大手送金業者マネーグラム社が、韓国送金大手のSentbe社との提携を発表した。海外からの居住者やアジア近隣国からの労働者が増加している韓国で業務拡大を狙う。
「XRPを利用したxRapidは国際送金に最適」マネーグラムCEOが自信示す
世界大手送金業者マネーグラム社のCEOが、米リップル社のXRPを利用した送金システムxRapidの活用方法に言及。両社の強みを活かし、送金高速化・送金手続きの簡素化を目指すと述べた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら