リップル(XRP)|投資情報・リアルタイム価格チャート

ニュース 基礎情報 関連記事
01/25 (木)
IDTとMercuryFXがXRPを採用する新たなRipple社のパートナーに
IDTとMercuryFXの2社はRipple社のxRapid(XRPを利用した送金方法)を利用し、取引の迅速化を目指します。xRapidはMoneyGramとCuallixにも採用され、XRPの実用化が進んでいることが分かります。
CoinPost
01/25 (木)
リップル社は去年10~12月で約100億円相当のXRPを売却/価格は1年で30,000%上昇
リップル(Ripple)社は2017年10月から12月の間に約100億円相当のXRPを売却していたことが明らかになりました。また、リップル社は毎月最大で10億XRPまで売ることができる柔軟性のあるオプションを有しています。
CoinPost
01/25 (木)
【前編】Ripple社の戦略:パートナーと再建
Ripple社は、金融機関と組むことで国境越え決済に関する3つの根本原因問題に取り掛かることが出来ます。戦略その1では、金融機関同士のリアルタイム決済情報伝達を可能にし、決済を即座に処理するxCurrentの速度と確実性を活かすことが挙げられています。
CoinPost
01/24 (水)
長い歴史を持つHYCMがXRPとBCHのCFD(差金決済取引)を新たに追加
HYCMはイギリスの外国為替仲介企業でFXやCFD取引を取り扱っており、会社のプレスリリースによると、リップル及びビットコインキャッシュの取引も開始されたと発表されました。
CoinPost
01/19 (金)
リップル社やXRPに対してよく聞かれる9つの質問
Q. XRPとXRPレジャー、Rippleの違いはなんですか? XRPは、XRPレジャーから生まれた仮想通貨で、XRPレジャーは、オープンソースの分散型台帳です。そして、Rip…
CoinPost
01/14 (日)
リップル社がニューヨーク州立裁判所にR3社への反訴を提出
R3コンソーシアムが不当な取引に署名したとして、リップル社はニューヨーク州立裁判所に反訴を提出しました。反訴では、R3はRipple社との合意を取り付けるためにR3のリソースと実行可能性を偽っていたと主張しています。
CoinPost
01/12 (金)
MoneyGram社、XRPを活用し決済迅速化へ
世界大手送金企業MoneyGram社がRipple社のxRapidを活用し、クロスボーダー決済の低コストかつ迅速化を目指します。XRPの活用によって多くの金融機関が長年抱えてきた流動性問題が解決するでしょう。
CoinPost
01/07 (日)
リップル社は3つの大送金企業が2018年度XRPを使用する見通しを公言
リップル社はTwitterで、今年世界規模の5大送金企業のうち3つの企業が、リップルのXRPトークンを会社の支払いシステムで使用することを明らかにしました。
CoinPost
01/04 (木)
XRP(リップル)の時価総額がBTCの2分の1を超える/史上初の1位交代か
リップルの時価総額がビットコインの2分の1を突破 今まで圧倒的な地位を確立していたビットコインの順位が脅かされはじめています。 時価総額と価格についての誤解 リップルやネムの価…
CoinPost
12/27 (水)
SBIが大手カード会社と共同でコンソーシアム設立/リップルとの関係性
SBI Ripple Asia株式会社は、複数のカード会社と組み、「ブロックチェーン技術等を活用したペイメントカード業界コンソーシアム」を2018年1月に設立します。
CoinPost