中国で仮想通貨採掘工場の一部が倒壊 四川省で洪水被害|ビットコインハッシュレートに警戒感

中国で仮想通貨採掘工場の一部が倒壊
洪水の警告が発令された中国四川省で、一部のマイニングファームの倒壊など洪水被害が発生したことがわかった。世界的な仮想通貨採掘地域なだけに、ビットコインハッシュレートへの影響も警戒される。

中国でマイニング工場の一部が倒壊

中国四川省で、洪水が発生し、一部のマイニングファームの倒壊が起きたことがわかった。

CoinPostのパートナーでもある中国大手メディア8BTCの創業者がツイッターで報告した。報告された写真では、土砂とともに流されたマイニングASICマシンや崩壊する建物(工場か?)の写真が掲載されている。

中国の四川省は、雨季を伴い降水量が増える時期があり、雨量を利用した水力発電が盛んな地域でもある。豊水期の時期では、水力発電の電力費用が一時半分以下にまでコストダウンするため、電力代が主要コストとなる仮想通貨マイナーに好まれる土地柄でもあり、実際に大手のマイニングファームをはじめ、多くのマイニング業者が工場を構えている。

洪水被害に関しては、水力発電や土地の関係からか、川沿いに工場を構える業者も多く、洪水に巻き込まれやすい状況にあったことが推察できる。

実際のマイニングファームは、コストカットの関係からプレハブのような極めて簡素なつくりのものも多く、川沿いの施設であっても洪水対策が十分ではなかった可能性もある。

洪水レベルに関しては、中国四川省の水文水資源勘測局が21日、警戒レベルの2番目に相当する「黄色」の警告を発令している。

黄色はレベルでいうと「弱警報」にあたり、その上にオレンジ色の「強警報」、赤色の「危険」があり、今回の黄色では回避予防措置の強化や警報レベルが上がるタイミングに備えることを通知したものになる。

しかし、山の多い地域でもある四川省では、山岳地帯付近などを中心に土砂崩れなどが発生する可能性もある。

昨日にも過去最高値を再び更新したビットコインのマイニングハッシュレートには、現時点で影響が出ていないが、豊水期がハッシュに大きく影響するなど、世界的なマイニング地域なだけに、今後の影響も懸念される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら