ツイッター社CEO、自身のツイッターアカウントが一時的に侵入された

ツイッター社CEOのアカウントが侵入された
ツイッター社CEOのJack Dorsey氏自身のツイッターアカウントが、ハッキング被害に遭った。アカウントに紐づいた電話番号の情報が漏れたことが原因だという。

ツイッター社CEOのアカウントが侵入された

ツイッター社CEOのJack Dorsey氏自身のツイッターアカウントがハッキングされたことがわかった。Dorsey氏のアカウントには、明らかに本人からではないツイートが、連続して投稿されていた。

「ツイッター社の公式コミュニケーションアカウント」でも、Dorsey氏のアカウントがハッキングされたと伝えている。

プラットフォームを運営する企業のトップがハッキングされたことで、SNS上でも話題になっている。このインシデントの影響を受け、ツイッター社の株価は一時急落したが、その後反発したという。

他人にアカウントを不正ログインされないように、二段階認証を設定するなどのセキュリティ対策は必須になっている。これはツイッターに限らず、特にハッキング事件が絶えない仮想通貨業界においては、利用する取引所などのアカウントでも同様である。

なお上記のツイッター社公式のコミュニケーションアカウントによると、今回の問題は、Dorsey氏のアカウントに紐づいている電話番号の情報が盗まれたことが原因のようだ。Dorsey氏の電話番号を知った他人が、その番号を使ったテキストメッセージを通じて、無断でツイートを投稿していた事柄だった。現在この問題は解決しているという。

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所BitMEXで不正アクセスが増加 「自己セキュリティ」の徹底を促す
BitMEXは、ユーザーの資金を狙った不正アクセスの試みと新たな手法が直近で増加したと報告した。ユーザーが注意すべき自己セキュリティを解説、利用の徹底を呼びかけている。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら