仮想通貨取引所コインベース、「英ハードブレグジット」に備えサービス変更

コインベース、英「合意なき離脱」に備え欧州利用者サービスを変更
議会閉会が発動されるなど混迷状態にあるイギリス。仮想通貨取引所コインベースは、EUからのハードブレグジット(合意なき離脱)に備え、電子マネー事業者を変更するなど対応を表明した。

コインベース、英ブレグジットに備えサービス変更

10月31日に英国のブレグジット問題の期限が迫る中、10月中旬までの英国議会閉会が宣言されるなど先行き不透明が強まってきた。そのような状況にある中、欧州内41ヵ国にサービスを提供する大手仮想通貨取引所コインベースは、現実味を帯び始めた「合意なき離脱」への備えを始めたようだ。

コインベースがヨーロッパ居住のユーザーに対し、ブレグジットの影響で、イギリスに拠点を置く現在の電子マネー取引業者CB Paymentsから、欧州域内の他の認可済業者へ変更を余儀なくされているという通知のメールを送ったことが、ツイッターユーザーからの投稿で明らかになった。

通知の内容は以下通り。

もし英国が2019年10月31日に離脱合意に達することなく、欧州連合を離脱することになった場合、CB Paymentsはユーロウォレット等の電子マネーサービスを提供することができなくなります。

この観点から、現在のCB Paymentsとユーザーの皆様の関係を、EU内の別の認可済コインベースの認定組織へ移転する予定です。この変更により、皆様へのサービスが影響を受けることはございません。

米サンフランシスコに本拠を置くコインベースは、積極的にグローバルな展開を推し進めており、現在100を超える国へサービスを提供している。その中でも、同取引所のヨーロッパにおける仮想通貨市場における存在感(出来高)は大きい。

その要因の一つに、コインベースがイギリスの規制当局、金融行動監督機構(FCA)から電子マネー事業認可を取得し、運営している電子ウォレットおよび電子マネーサービスのCB Paymentsが、欧州内の仮想通貨・法定通貨間の決済を処理してきたことが挙げられるだろう。

現行の「単一パスポート制度」では、ヨーロッパ経済領域(EEA)内の1カ国で認可されれば、領域内31カ国全てで自由に金融サービスを提供することが可能だ。

しかし、イギリスのEU離脱に伴い、この単一パスポート制度が維持されるかどうかは不透明だ。さらに「合意なき離脱」となった場合には、この制度は無効となると考えられるため、金融業界への影響も多大なものとなるだろう。単一パスポート制の枠外となると、イギリスで認可を受けたCB Paymentsによる電子マネーサービスの提供は、イギリス国内でのみ有効となる。

合意なき離脱によるリスクを見据え、世界的な大手金融機関がイギリス国内の人員調整、及びフランクフルトなど欧州の他の金融拠点へ人事異動などに動いているとの報道が相次ぐ。日産、トヨタ自動車などの著名メーカーも見えぬ先に大きな懸念を示している。

実際、コインベースも昨年10月に、ブレグジットの最悪のケースに備えた「プランB」として、EU内で同じ英語圏であるアイルランドに拠点を構えることにした。

 

EUとの合意がなくても10月末に離脱する決意を示すボリス・ジョンソン英首相だが、明日9月3日より閉会までの約1週間にわたって再開される英国議会で、どのような議論がなされるのか注目される。

参考:コインベースの利用者CryptoVanessa

CoinPostの注目記事

1BTCの保有で世界の富豪になる時代は来る 仮想通貨取引所バイナンスとコインベースCEOが強気発言
ビットコインの発行上限を踏まえ、1BTCの保有で世界の富豪に仲間入りする時代が来ると、仮想通貨取引所バイナンスとコインベースのCEOらが発言した。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【9/20更新】
23日には、Bakktがビットコイン先物取引をローンチする。そして24日、SECの長官らは米下院の公聴会に出席し、リブラを含む仮想通貨の規制、ビットコインETFなどの課題について証言する予定だ。仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら