イーサリアムクラシック(ETC)がSNS系dApps企業と提携、エコシステム強化などで

イーサリアムクラシックがSNS系dApps企業と提携
仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)のコア開発機構はエコシステムの強化およびSNS系dApps開発の関連事業で新たに2つの関連企業と提携した。なお、ETCの「アトランティス」は9月17日に予定されている。

イーサリアムクラシック(ETC)がメディアdAppsと提携

仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)のコア開発機構「Ethereum Classic Labs」の発表によると、①SNSのdApps企業、②ブロックチェーン開発企業との2つの企業と提携関係を結んだ。

まずiZbreakerというソーシャルメディア系dApps企業は、ETCとの提携で、ETC側が提供する技術リソースをもち、安全なSNSアプリケーションを作るという。

そして、ETC側は独自のエコシステムを強化し、イーサリアムにおける互換性のあるブロックチェーンを駆動させるために、Second Stateというブロックチェーンインフラ企業との協業を行なっている。

なお先日、イーサリアムクラシックは次期大型アップグレードの実装予定日「9月17日(EST)」を発表した。

「アトランティス」と呼ばれるアップグレードは、イーサリアム(ETH)で以前実施されたアップグレード「ビザンチウム」のプロトコルを採用する。これにより、ETCとETH間での互換性が改善され、チェーン同士でのコラボレーションも可能になるという。

参考:Second State 公式発表

参考:iZbreaker公式発表

CoinPostの注目記事

仮想通貨イーサリアムクラシックが前日比20%高騰、9月に大型アップグレード「アトランティス」控える
時価総額14位のイーサリアムクラシックが前日比一時20%ほど高騰した。9月17日に控える大型アップグレード「アトランティス(Atlantis)」における主要ハードフォークなどが上昇要因と見られる。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら