10BTCを保有するアドレス数が過去最高水準に 市場内資金がビットコインへ集中か

ビットコインの大口保有者が増加傾向
10BTC(約1110万円相当)以上のビットコインを保有するアドレスの数が、最高値に達したことが分かった。保有アドレス数は15万7000アドレスで、アカウントの大部分が利益を維持しているという。

ビットコインの大口保有者が増加傾向

ビットコインを10BTC(約1110万円相当)以上保有するアドレスの数が、最高値に達した。

アドレスは、個人が保有するものだけでなく仮想通貨取引所のウォレット等の場合もあれば、同じ人が複数のアドレスを利用している場合も含まれるが、一定数のBTCを保有するウォレット数が増加したことは、ビットコイン保有量に比重を高めているユーザーが増加している傾向を示している。

これには、ビットコインの値上がり益を見越した保有量増加が考えられるほか、BTCドミナンスが70%を突破するなど一辺倒な相場が継続したことで、アルトコインをBTCに戻す動きが影響した可能性もある。

仮想通貨のデータ分析企業の米Coin Metrics社によると、9月1日の時点で10BTC以上保有しているのは15万7000アドレスで、全ビットコイン保有者の中で上位1%の割合に相当するという。現在、所有するビットコインの数は、1BTCから10BTCの間が61万4500アドレスで、10BTCから100BTC所有するアドレスに関しては、全アドレスの約0.5%になる。

また、保有地点からの騰落率を参照して計算したデータを明かしたブロックチェーン分析企業「Into The Block」によれば、10BTC以上保有するアドレスの大半は利益が出ている状況にあるという。ビットコイン保有者全体の83%が、現在よりも低い価格でビットコインを購入していたことも分かっている。

参考資料 : Decrypt

CoinPostの関連記事

主要レジスタンスに阻まれるビットコイン(BTC)、外部要因ファンダ分析と今後の展望|仮想通貨市況
9月以降反転攻勢をかけるBTC、ドミナンスは大台の70%を超え2017年7月以来の水準に。アルゼンチン・プレミアムやチャイナマネーに加え、英ハードブレグジットに備えたヘッジも指摘される中、直近の値動きと今後の展望を考察。
モルガン・クリーク設立者「金融庁は、仮想通貨ビットコイン(BTC)支持のスタンスだ」
米モルガン・クリークの共同設立者が「FIN/SUM2019」のために訪日し、金融庁の遠藤長官らの仮想通貨に対するスタンスを確認。「日本は新しい技術を採用し、世界のリーダーになることを望んでいる」との見解を明かした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら