仮想通貨取引所bitbank COO「日本市場のトレンドと、XRPの人気理由」|韓仮想通貨メディアの質問に回答

仮想通貨取引所bitbank COOインタビュー
国内大手取引所bitbankの三原COOは4日、韓国メディア「blockinpress」のインタビューに応じ、日本の仮想通貨市場に関するさまざまな質問に回答した。

仮想通貨取引所bitbank COOインタビュー

国内大手仮想通貨取引所bitbankの三原博之最高執行責任者(COO)が、韓国仮想通貨メディア「blockinpress」のインタビューに応じ、日本市場に対する見解を述べた。

ビットバンク創立メンバーとして参画した三原COOは5年前の2014年、ビットコイン(BTC)に出会ったことで、仮想通貨業界に対する『Next Big Thing(次の革命)』を直感的に感じたという。

日本市場の特徴は

韓国市場では、バイナンスのような「Sell&Buy」のオーダーブックが人気だが、日本市場では店頭取引(OTC)需要が高い。

フェイスブック主導の独自仮想通貨「リブラプロジェクト」の追い風もあり、ブロックチェーンに関する一般認知度も高まりつつある。日本も、韓国のように仮想通貨・ブロックチェーン市場への投資が積極的で、IBMやマイクロソフトのような大企業の社員も勉強熱心だ。日本の仮想通貨投資家の間では、「リブラ、STO(セキュリティトークン)、ステーキングサービス」が3大トレンドだと思う。

bitbankは世界的に見てもXRPの取引量が多いが、日本市場でXRP人気が高い理由は

米Ripple社は、日本を代表する金融系企業SBIホールディングスなど多くの大企業と良好な関係性を築いており、日本人が重視する仮想通貨の信頼性を裏付けている。実際のユースケースにも期待が集まっているのではないか。

トークインサイトのセキュリティ調査で、bitbankが最高評価の「A評価」を受けている理由としては、昨年12月チーフ・ビットコイン・オフィサー(CBO)に就任したことを発表した、ジョナサン・アンダーウッド(Jonathan Underwood)のような著名なエンジニアを雇用していることが挙げられる。

顧客資産を全て(インターネット環境から物理的に隔離した)コールドウォレットに保管する際、すべてのマルチシグネチャ(マルチ署名)で保管しており、ハッキングを受けたことはない。

一方、bitbankの韓国進出を検討しているか?との質問に対しては、同国における仮想通貨関連規制や法律面が定まっていない点を挙げ、注視している状況だとした。

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所の新規申込数が4倍に、bitbankのCOOがワールドビジネスサテライトに出演
ビットコイン高騰を受けて、国内の取引所の新規申込数が急増している。国内大手取引所ビットバンクのCOOが経済情報番組「WBS(ワールドビジネスサテライト)」に出演し、見解を語った。
韓国と他国の仮想通貨価格差が減少、「キムチプレミアム」は影を潜める
他国の市場と比較し、韓国内で仮想通貨価格が高騰する現象が最近見られなくなった。最大で54.48%あったという価格差が減少している背景には、法定通貨ウォンの下落などの要因があるとみられる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら