【前編】2018年ベンチャーキャピタルが注目する4つのテクノロジー

来年度、ベンチャーキャピタリストが注目する4つのテクノロジー
ブロックチェーン、ボイス、AI、そしてアニマルコミュニケーションが注目されるでしょう。

ベンチャーキャピタリストはモノリス(一つの団体として機能する非常に大きく強力な組織)ではありませんが、スタートアップ投資家が『lemmings(直訳、タビネズミ。金融界では調査をしないでトレンドだけを基に投資する人)』と比較されるのには理由があります。

トレンドに火が付くと、全てのスタートアップ企業は買いか売りをするからです。

投資家は未だに、アグレッシブにスタートアップ企業に投資をしています。

National Venture Capital Association and Pitchbookによると、第3四半期の時点で、今年度の米国投資家の投資額は昨年度の690億ドル(約7.8兆円)を超える勢いでした

スタートアップ企業にとって、AIなどのトレンドに沿うことは安全な選択肢といえるでしょう。

今年創業者らは、ブロックチェーン、ニュートラルネットワーク、マシーンラーニングなどの単語を多用し投資家の注目を引きました。

これらのトレンドのペースは来年になっても衰えることはないでしょう。

ビットコインよりブロックチェーン

ほぼ毎日ビットコインが最高値を更新し、仮想通貨スタートアップによる『イニシャル・コイン・オファリング(ICO)』が早期ベンチャーファンディングを追い越す今、ベンチャー投資家は仮想通貨を利用した戦略を模索しています。

殆どの企業はビットコインのような仮想通貨を直接購入できません(又はしない)。

しかし、それらの企業はブロックチェーン技術に眠るポテンシャル価値を見抜き、独特な方法で投資を計画しています

Venrock社パートナーのDavid Pakman氏は、初期段階にある仮想通貨ネットワーク上で機能するiOSまたはAndroidアプリへの投資を検討していると言います。

それだけでなく、彼の企業は仮想通貨エコシステム内の仮想通貨保管、証券、アプリディストリビューション、ブロックチェーンベースのファイル管理を含むサービスの投資チャンスを狙っています。

Canvas Ventures社パートナーのRebecca Lynn氏も仮想通貨を利用しテクノロジーインフラストラクチャーを構築する企業を狙っています。

『このように一見つまらなそうに見える事業こそ投資の狙いどころなのです』

と彼女は言います。

Lynn氏はブロックチェーン技術を使い健康データの管理や、著作権や商標で保護されたコンテンツとライセンス権を追跡するサービスを提供するスタートアップ企業に興味をもっています。

駐車場に出すポップアップストア

Fifth Wall Ventures社業務執行社員 Brad Greiwe氏は自動運転事業の投資チャンスを狙っています。

もし(誰かが予想したように)今後数十年後、自動運転車が都市部の自動車数最大9割を無くすとすれば、空の駐車場スペースは大きな問題となるでしょう。

しかしその多大なるスペースを有効活用すれば、新しいビジネスが生まれます

『賢い不動産投資家は、必然的な“ドライブレス”の未来に備えています』

とGreiwe氏は述べます。

将来建物が倉庫やハウジングになることを備え、Avalon Bay社やHines社などの不動産企業は既にスプリンクラーなどの機能を駐車スペースに設備しています。

これはスタートアップ企業にとっていいチャンスです。

Fifth Wall社のポートフォリオ企業のAppear Hereは駐車場を含む場所でのポップアップストアの短期リースを提供します。

この“シフト”を活用し利益化することのできるスタートアップ企業はモジュラービルディングメーカーのFactory OS社、モジュラーハウジングユニットメーカーのKasita.com、建築テック企業のKaterra社だろうとFifth Wall シニアアソシエイト Roelof Opperman氏は言います。

AIビジネス

Google、Facebook、Amazon、Appleなどのテックジャイアントは多額の報酬を払いAI専門家を雇っています

結果として、AI分野の博士号を得れば、それほどのアイデアがなくてもベンチャー資金を集めることが可能になりました。

その事業が正式に始動する前に、テックジャイアントが買収するのです。

このトレンドが進む一方で、ベンチャー投資家は物理的なビジネスアイデアを要しています。

Venrock’s Pakman氏は、かつて人間が行っていた大手企業のディシジョンメイキング(雇用、営業プラニング、プロダクション機械のマニュアル作りなど)をAIに代えるスタートアップ企業に興味をもっています。

Canvas’s Lynn氏は、AIを利用し動画のコンテンツを識別するサービスを注目していると言います。

WHERE VC’S WILL INVEST IN 2018: BLOCKCHAIN, AI, VOICE, PETS

RIN GRIFFITH 12.20.17

参考記事はこちらから

※後編は後日公開します。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加