IBMやボーイング社もノードを運営する「ヘデラ・ハッシュグラフ」 バイナンスに上場

「ヘデラ・ハッシュグラフ」 バイナンスに上場
高速決済機能を持つ大型プロジェクト「ヘデラ・ハッシュグラフ」のネイティブ通貨HBARは29日にBinanceに上場する予定だ。複数の世界的大手企業も管理ノードの運営を行なっている。
           

「ヘデラ・ハッシュグラフ」 バイナンスに上場

バイナンスは、仮想通貨「ヘデラ・ハッシュグラフ (HBAR)」の上場を発表した。すでに入金が始まっており、取引は29日13時より開始する予定だ。

提供する取引ペア:HBAR/BNB、HBAR/BTC、HBAR/USDT

「ヘデラ ハッシュグラフ」とは、エンタープライズ向けのブロックチェーンプラットフォームであり、9月16日にメインネットをローンチしたばかりだ。高速決済(毎秒約1万取引)やdAppsの開発の機能を持つという。

このプロジェクトは、計3回のSAFTトークンラウンドを行い、1.5億ドルを調達した。なお、トークンの配布は15年間に渡って行う方式になる。

参考:バイナンス

CoinPostの注目記事

世界最大の航空宇宙企業ボーイング、仮想通貨ノードを運営に
世界最大の航空宇宙企業ボーイング社が、「Hedera Hashgraph」という仮想通貨プロジェクトの管理ノードを運営すると報じられた。Hederaは9月16日より、1.24億ドルを調達したICOトークンHBARを投資家に配布する。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら