韓国最大手仮想通貨取引所、米Bittrexとの注文板提携を解消へ

Upbit、米Bittrexとの提携関係を解消へ
韓国の仮想通貨取引所Upbitは、米取引所Bittrexとの注文板共有を中止する。今後Upbitでは、Bittrex上の注文は参照出来ないことに。
           

Upbit、米Bittrexとの提携関係を解消へ

韓国の最大手仮想通貨取引所Upbitが、米の仮想通貨取引所Bittrexと注文板を共有するパートナーシップを解消した。韓国の仮想通貨メディアDecenterが報じた。

これまで注文板が共有されており、Bittrexの注文もUpbitの注文板ウィンドウに表示されていた。しかし、Upbit上でのビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)、テザー(USDT)建てのマーケット再編成に伴って、共有を中止することに至った。

よって、Upbit利用者の注文のみが表示されることになる。

今回のマーケット再編成においては、注文板の共有解消の他に、成行注文の導入、指値注文、およびストップリミット機能の導入を予定しているが、詳細はまだ発表していない。

2017年以降、UpbitとBittrexはパートナーシップを結んでいて、両者にメリットをもたらしていた。

注文板を共有することによって、Upbitは他の韓国取引所よりも、はるかに多くのアルトコインを利用者に提供できていた。Bittrex側も、通貨ペアの出来高が流動性の増加から恩恵を受けていた。両社にとっても取引手数料の増加をもたらすなど、有益なものだったと見られた。

規制対応へ動くUpbit

Upbitは、仮想通貨取引所に対する規制に準じようとしているところでもあり、今回の再編成も、その動きに関連して行われたという見方もある。

Upbitは直近、金融活動作業部会(FATF)の「トラベル・ルール」の要件を満たしていないとして、匿名通貨を含む6通貨の上場廃止を決定したところだ。9月30日にも取扱を中止する予定だ。

  • monero (XMR)
  • dash (DASH)
  • zcash (ZEC)
  • haven (XHV)
  • bittube (TUBE)
  • PIVX (PIVX)

関連Upbitが匿名通貨を上場廃止

参考:decenter.kr

CoinPostの注目記事

仮想通貨取引所Bittrex、マネロン対策強化でChainalysisのKYT導入
Bittrexがブロックチェーン企業Chainalysisのマネロン対策サービス「KYT」を採用した。マネロンリスクを自動評価、取引量の多い25種の仮想通貨を追跡・監視する。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【12/07更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら