中国大手マイナーの工場で火災被害 BTCハッシュレートへの影響危惧

マイニング機器メーカーで火災か
大手中国系マイニング機器メーカーINNOSILICONのデータセンター(マイニング工場)火災被害が起きたことがわかった。火災は9月30日に発生、約10億7800万円相当のマイニング機器が被害に遭った可能性がある。

マイニング機器メーカーで火災か

大手中国系マイニング機器メーカーINNOSILICONのデータセンター(マイニング工場)が火災の被害に遭った。ビットコインのハッシュレートへの影響も危惧されている。中国事情に精通するDovey Wan氏が動画を投稿したことで状況が明らかになった。

現時点でわかっているイノシリコンの被害は、推定1000万ドル(約10億7800万円)相当のマイニングマシンで、火災の発生日時は9月30日だという。Innosiliconからの火災の公式発表は現時点では確認がとれておらず、取材に対しても返答がない状況にある。

今回の火災がデータセンターであることから、ビットコイン(BTC)のマイニングのハッシュレートへの影響を懸念する声もあがっている。

同社はOEM企業でもあることから、マシン在庫が含まれていた場合、中長期の影響も出る可能性がある状況だ。

現時点でハッシュレートのチャートを見る限りで、特別大きな変動は見られていないが、火災が起きたとされる9月30日では、8246万TH/sで、前日の8626万TH/sから低い水準で推移している。

出典 : BLOCKCHAIN

CoinPostの関連記事

仮想通貨採掘者と採掘施設を繋ぐ「世界デジタルマイニング地図」 ビットメイン社が10月に始動
「ビットメイン」がマイナーとマイニングファームを結びつける世界初のグローバルネットワークの立ち上げを発表した。10月8日に正式にローンチする予定。
速報 異常値観測のBTCハッシュレートが回復 急落前水準に
過去2年間で最大幅となる-40%近い大幅下落を記録するなど異常値まで急落していたビットコインハッシュレートが、再び回復したことが確認された。市場に安堵感を誘う可能性もある。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら