バイナンスリサーチ、中国大型連休「国慶節」が仮想通貨ビットコイン市場に与える影響

中国「国慶節」がBTC市場に与える影響
最大手仮想通貨取引所Binanceは、建国70周年を迎え祝賀ムードの中国の大型連休「国慶節」が、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場に及ぼす影響についてリサーチ、統計データを公開した。

中国「国慶節」がBTC市場に与える影響

大手仮想通貨取引所バイナンスは、建国70周年を迎え祝賀ムードの中国における大型連休「国慶節」が、ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場に及ぼす影響についてリサーチ。統計データを用いて分析した。

国慶節は、中国の建国記念である10月1日から7日まで、最大7連休の長期休暇となる。株式市場が休場となるなど、金融市場において中華マネーの流動性が著しく低下するなどの影響もある。

Binanceリサーチのデータによれば、例年「国慶節」の開始前にビットコインが上昇し、開始後に売られる傾向が見られた。連休中の市場は、緩やかな下方修正をみせつつ、徐々に回復する傾向が見受けられるとしている。

奇しくも、今年2019年にも過去同様の推移が見られ、9月30日を境にBTC市場が大幅下落したほか、昨日の国慶節開始日に向けて反発を見せた。Binanceリサーチは、国慶節とBTC相場に「強い相関関係は見られない」と結論づけている。市場推移には複合的要因があり、季節要因のアノマリーとして意識されることはある。

なお、中国事情通の仮想通貨ファンドマネージャーDovey Wan氏は先日、以下のように注意喚起していた。

ゴールデンウィークには、中国のトレーダーがオフシーズンとなるため、出来高および流動性低下には注意が必要だ。

昨年のゴールデンウィークには、700万人が海外旅行に向かい、約7億人もの中国人が国内旅行した結果、計660億ドルの消費を生み出すなど莫大な経済効果をもたらした。

CoinPostの注目記事

米取引所でイーサリアムがフラッシュクラッシュ、ビットコインは上昇一服|仮想通貨市況
米仮想通貨取引所Poloniexで仮想通貨イーサリアムがフラッシュクラッシュした。IMFは年次会議直前に各国中銀による財政刺激策にも言及しており、BitMEXアーサーの「QE4予言」に再び関心が集まる可能性も。
明日より中国投資家オフシーズン、ビットコイン(BTC)市場への影響懸念も|仮想通貨市況
ビットコイン(BTC)など仮想通貨市場は、昨年莫大な経済効果をもたらした中国の大型連休「建国記念日」が明日以降始まることで、出来高および流動性低下が懸念される。個別銘柄では、新たな材料を手掛かりに「COMSA」が大幅高に。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら