米取引所でイーサリアムがフラッシュクラッシュ、ビットコインは上昇一服|仮想通貨市況

ビットコイン(BTC)市況
米仮想通貨取引所Poloniexで、ETHが約20%フラッシュクラッシュした。IMFは年次会議直前に各国中銀による財政刺激策にも言及しており、BitMEXアーサーの「QE4予言」に再び関心が集まる可能性も。

仮想通貨市況

中国株式市場が「国慶節」の連休につき休場するなか、香港の大規模デモにおける警官とデモ隊の衝突で実弾が発砲され若者が負傷したとの情報が錯綜するなど、緊迫化する香港情勢がもたらす経済への悪影響が懸念されている。

国際通貨基金(IMF)のリプトン筆頭副専務理事は、ドイツのベルリンでメルケル首相らと会談で「貿易摩擦における国際間の緊張が続く限り、世界的な景気減速からの回復は困難だ。」との認識を示し、中央銀行による財政刺激策の必要性に言及した。

IMFは米ワシントンで開催される年次IMF会議で世界経済に関する最新予測を示す予定だ。今年7月には、2019年の世界成長の見通しを3.2%に引き下げたほか、欧州中央銀行は先月、金利をゼロ以下に引き下げ、量的緩和を再開した。主要経済指標では、米ISM製造業景況指数が”10年ぶりの低水準”を記録するなど予断を許さない状況にある。

アーサー予言は的中するのか

世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所BitMEXのCEOであるアーサー・ヘイズは先月、米国で「QE4(量的金融緩和政策)」が実行された場合、過去最高値の20,000ドル(215万円)回復に向かうとの認識を示している。景気の動向に左右されやすい株や債券と異なる「オルタナティブ資産(代替資産)」であるビットコイン(BTC)にとって、リスクヘッジの一環として中・長期的な刺激材料となり得るからだ。

関連:『ビットコイン2万ドルの(再来)に備えよ』仮想通貨取引所BitMEXのアーサーが「QE4」を予言

なお、ドイツの州営銀行「BayernLB」が公表した最新のレポートで、2020年のビットコイン(BTC)価格が1000万円に向かう可能性について試算し、大きな反響を呼んでいる。現市場価格には来年半減期が織り込まれていない理由と、その重要性を金の適正価格算出メカニズムを用いて解説した。

詳細は、以下の記事参照。

ビットコイン、2020年に1000万円 ドイツ州営銀行が試算
ドイツの州営銀行「BayernLB」が、最新のレポートでビットコイン価格の大躍進を試算した。現市場価格には半減期が織り込まれていない理由と、その重要性を金の適正価格算出メカニズムを用いて解説した。

CMEにおけるBTC需要

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループ株価指数・代替投資グローバルリーダーのTim McCourt氏は、ビットコインオプション取引発表を契機に、機関投資家の関心が高まっていると明かした。2020年Q1(1〜3月)に追加予定だ。

CMEのBTC先物では、日平均35,000BTC(約300億円)が取引されるなど、先物市場を構築。参入する機関投資家分布は以下の通りで、バランス良く需要があるという。

  • ヘッジファンド
  • CTA(商品投資顧問会社)
  • アセット・マネージャー

関連:機関投資家のBTC関心増 ビットコインオプション発表が契機=CME関係者

ビットコイン(BTC)市況

ビットコイン(BTC)はショートカバーによる上昇も一服。bitFlyerの価格乖離は、2%前半で推移している。

4月2日以降の上昇相場でブレイクした1D200日移動平均線を9月25日に割り込んでおり、今度はこれが上値抵抗帯となっている。4h雲の厚さも意識されやすく、これを抜けたとしても、先日まで支持線として機能していた9300ドル付近が強いレジスタンスとなる確率は低くない。

アルトコインの買い一巡で、上値の重さも目立つ展開に。

日本時間2日4時50分頃、米仮想通貨取引所Poloniexでイーサリアム(ETH)が約20%フラッシュクラッシュしたことも市場心理を圧迫した。このような現象は、板が薄くなるなど流動性の低下する薄商いの中での大口の成行誤発注のほか、ビットコインなど連動銘柄を含む相場操縦を意図した仕掛け売り、投資家のストップロス連鎖、あるいは取引システム異常などが要因として挙げられるが、今回のフラッシュクラッシュについての詳しい原因は、現時点では明らかになっていない。

一方、今回発生したショートカバーも然り、マーケットコンセンサスが偏る局面では、相場の是正が発生しやすくなるため、BitMEXやbitFlyer、Binanceにおけるの出来高推移、および資金流入出にも注視したい。

Josh Ragerの見解

海外の著名アナリストJosh Rager氏は、直近のビットコイン(BTC)の値動きについて、「反発局面で”200日平均線”を超えるには至らず、現段階では時期尚早か。」と言及した上で、主要サポートライン(7,600ドル)とレジスタンスライン(8,600〜8,800ドル)の間におけるレンジ相場では、出来高も減少傾向にある。」「しかし、時間足レベルでは、上方向の価格推移が見て取れる。」などと説明した。

CoinPostの関連記事

『日本の仮想通貨市場復活のために』業界最先端のトレーディングツール、デコチャート開発秘話
仮想通貨業界の有志が共同開発する、最先端の仮想通貨トレーディングツール「DECOCHART」プロジェクト。CoinPostの取材で、開発の舞台裏や今後のビジョンが明らかとなった。
仮想通貨「最重要ファンダ」予定表:ビットコイン、リップル(XRP)、イーサリアム、ネム等【10/15更新】
仮想通貨市場価格に影響を与え得る様々な最新情報を随時更新。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら