ビットコイン、2020年に1000万円 ドイツ州営銀行が試算

ビットコイン2020年に9万ドルか
ドイツの州営銀行「BayernLB」が、最新のレポートでビットコイン価格の大躍進を試算した。現市場価格には半減期が織り込まれていない理由と、その重要性を金の適正価格算出メカニズムを用いて解説した。
           

ビットコイン2020年に9万ドルか

ドイツの州営銀行「BayernLB」が公表した最新のレポートで、ビットコイン(BTC)価格の大躍進を試算した。現在の市場価格には来年半減期が織り込まれていない理由と、その重要性を金の適正価格算出メカニズムを用いて解説した。

ゴールド(金)の価格では、流通量と採掘量から適正価格を算出する「stock-to-flow比率」が市場に意識されているが、ビットコインにも適用できるメカニズムであると指摘した。

「stock-to-flow比率」は、流通量と採掘量の割合で算出する適正価格の要素の1つで、比率が高ければ適正価格も高くなる。ビットコインとゴールドなどの貴金属は、限られた量しか採掘できないことから、同じようなメカニズムに適用するとBayernLB銀は考えており、ビットコインもゴールドと同様に、採掘による相乗効果を得られるとの見解を示した。

半減期は、この採掘量に直接的な影響を与える内容であり、BTCのstock-to-flow比率を押し上げる要因と見ている。

また、半減期のメカニズムは、金の採掘システムとは異なり、市場採掘量の減少が明確化されている事にも注目で、市場に織り込むことができる要素と見る一つの理由でもある。

BayernLB銀は、2020年5月に予定する半減期を踏まえた上で、将来の価格を試算。「仮に5月のBTCのstock-to-flow比率を価格モデルに取り入れれば、9万ドル(約1000万円)の水準になるはずだ。つまり、現在の8,000ドル価格には報酬半減の要素を反映していない。」と説明している。

コインポストでも報じたように、人気トレーダーPlanBは、「stock-to-flow チャート」を用いた、BTCのモデル価格の推移を算出を度々行なっている。

このチャートでは、BTCのストック(現在の流通量)とフロー(年間BTC採掘量)にサトシ・ナカモトが持っているとされる100万BTCの存在もデータに入れて算出されており、市場の流通量や新規発行量などから適正価格を導き出している。

執筆時の市場価格は8,330ドルだが、チャートで示される最新のモデル価格は、9,232ドルになる。

出典:https://digitalik.net/btc/

参考:BayernLB銀

直近の仮想通貨市況分析は、以下の記事で詳しくまとめている。

CoinPostの注目記事

米取引所でイーサリアムがフラッシュクラッシュ、ビットコインは上昇一服|仮想通貨市況
米仮想通貨取引所Poloniexで仮想通貨イーサリアムがフラッシュクラッシュした。IMFは年次会議直前に各国中銀による財政刺激策にも言及しており、BitMEXアーサーの「QE4予言」に再び関心が集まる可能性も。
マイナー損益ラインとチャートから見るビットコイン価格考察|仮想通貨市況(寄稿:響)
ビットコイン市場におけるマイナー損益ラインとチャートから、仮想通貨の著名トレーダー「響」が独自考察。BTCオプションや個人のポジション動向と併せて、今後の展望を探る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら