CoinPostで今最も読まれています

市場が停滞する中でリップル(XRP)価格が上昇し続けている5つの理由

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

市場が調整中にも関わらずXRP価格が上昇し続ける
その価格上昇要因は、アルトコイン全般の注目度の向上、パートナーシップ、アジアからの支持、コインベース上場の噂、機能性の5つです。
目次
  1. アルトコイン時代の幕開け
  2. パートナーシップとメディア
  3. アジア
  4. コインベースの噂
  5. XRPの機能性とユーザー獲得

1.アルトコイン時代の幕開け

11月末、CboeとCMEがビットコイン先物取引を発表しました。

結果、仮想通貨界にとって前代未聞となる注目(メディアおよびメインストリーム両方から)が集まり、大勢の新参者を引き寄せました。

その新参者の多くは人気取引所Coinbaseから仮想通貨界に入りました。

12月中、Coinbaseは3種類の仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、およびライトコイン)しか扱っていませんでした。

最初、投資の大部分はビットコインとイーサリアムに流れていきましたが、今月初め、ライトコインに投資し始めるユーザーが増えました。

それにより大きな価格上昇(最大で$390(約4万4千円)まで上がり、現在$320(約3万6千円)付近で落ち着きました)が起きました。

現在、ライトコインが課題に直面しているため、ユーザーは投資の新たな道を捜し始めました。

これにより、新しい価格高騰通貨が次々に生まれ(TRON(TRX)、Cardano(ADA)、Stellar(XLM)、Bitcoin Cash(BCH)、QTUM、Verge(XVG)、Reddcoin(RDD)など)、仮想通貨界全体の時価総額が過去最高の$611,000,000,000(約69兆2千億円)まで上がりました

しかし、ビットコイン価格下降により一時$508,000,000,000(約57兆5千億円)まで落ちました。

最も古く、確立および信頼が証明された仮想通貨であるため、投資者がそれに頼ることはごく自然なことです。

2.パートナーシップとメディア

財政、技術、そしてフィンテックのベテランチームであるリップルは、新しい技術会社の成功にはパートナーシップとユーザー獲得が非常に重要であることをはっきりと証明しました。

リップルは現在75以上の商業的配置ユーザーをもち、そして名簿にはまだ100以上も残っています。

しかし、リップルは顧客基盤を設立したことよりも、戦略的パートナーシップにより広まりました。

例えば最近、American Expressとのパートナーシップが発表され、(素性のわからない新技術では難しい)信頼できる金融サービスとしてのブランドを獲得しました。

RippleとAmerican Express、Santanderが提携
American Express社とSantander社はフィンテック企業のRipple社と協力し、ブロックチェーン技術を使った米英間のクロスボーダー決済の迅速化を狙います。Ripple社は『間もなく決済迅速化の手段として自社仮想通貨のXRPが活用される』とも言及しました。

また、リップルはメディアに関してさらに力を入れるつもりのようです。

この1ヶ月取材が一段と増え、さらに先週、リップルは元Facebook広報マネージャーTom Channickを広告およびビジネスインテグリティユニット広報長として雇いました。

3.アジア

アジアはこの作戦において重要な役割を果たしています

Ken Rapozaが言うように、アジア人はリップルに対して「乱心」になっています

これは決して証拠に欠ける主張ではありません。

昨年、リップルはSBI Holdingsと組み、SBI Ripple Asiaを始動しました。

SBI Ripple Asiaは中国、日本、韓国、台湾、そして東南アジア諸国連合(ASEAN)国市場のための国境越え銀行決済ソリューション販売および設置という任務を課せられた販売・技術グループです。

RapozaとのインタビューでPolymath社長Trevor Koverkoは、以下のように述べました。

「皆、リップルの名前とその技術の後ろ盾に安心しています。多くの人がビジネスとブロックチェーンを合体させたときの可能性の大きさに気付き始めており、その結果リップルが早期勝者になっています」

4.コインベースの噂

現在のメディアブームにより、Coinbaseが近いうちにXRP売買および取引を始めるという噂が広がっています。

それが実現したとき、XRPに投資し始めるユーザーも増えるでしょう。

Coinbaseは毎日10万人ほどのユーザーを増やし、最近AppleアプリストアではYouTubeを越えて#1アプリになりました。

そしてビットコインキャッシュ追加により12月19日、メディアに火がつき、Coinbaseの世界的影響が明らかになりました。

5.XRP機能性とユーザー獲得

現在、多くのコインは純粋投資を元に購入・取引されています。

しかし、それ自体が問題ではなく、偉大なアイデアをもつ若いアルトコインが本格稼働の前にネットワークの中身を増やせるかが問題です。

つまり、それらの通貨は、アイデアやアイデアの信頼のみによって後援されていることになります。

メジャーな金融機関の多方向ソリューションとして位置付けられているリップルは、「今では」ユーザーにとって有用な商品になりました(未来においてどうなるかは別として)。

そしてユーザーには、世界でも最大の金融機関もいくつか含まれています。

更に、取引の速度(4秒取引)および低手数料より、一般ユーザーにとっても魅力的です。

リップルの有用性はリップル自身の仕組みにも基づいています。

XRPはすでにマインされたコインであり、非中央集権性の気風に反していること、またマイニングの機会を提供しないことを理由に批判を受けています。

そのうえ、リップルはXRPの総供給の20%を保持しています。

これも仮想通貨コミュニティーの一部から批判されましたが、他のコインに見るボラティリティーをある程度抑えていることは確かです。

先月、Oracle Timesの記事でTechno Rajjiがこのように説明しました。

「XRPコインの数が限定されているため、今後仮想通貨価格が落ちても繁盛とまではいかなくても現在の立ち位置を維持するでしょう」

いずれにせよ、高い需要は低いボラティリティーにつながり、そして中央集権化は市場節制につながります

では、現在の成長率は持続するのでしょうか。

現在の市場動向からは$1(約113円)直後、$1.25(約142円)で最初の障害に直面したことがわかります。

Hacked著者Sam Bourgiによると、次のメジャーな抵抗バリアは$1.50(約170円)です

過去数週間を元に、$1.50(約170円)への価格上昇までは$1.25-$1.35(約142円〜153円)間での取引が期待できます。

もちろん、Coinbaseによる新しい発表や仮想通貨市場調整などという急な出来事は考慮していません。

それに反して「The Bear Case For XRP: Bitcoin Futures Edition」という記事でKyle Samaniがもう少し消極的な意見を論証し、ビットコインと比べたXRPユースケースの長期的有用性に疑いをかけました。

「我々は立場を変えておらず、長期的にはXRPに期待はしていません。

金融機関が世界的基軸通貨を差し置いてまで自発的にXRPを採用するなど想像できません。

そうは言っても、現在の仮想通貨市場の状態から、XRPの成長はまだ期待できます。

しかし、XRPの「ベロシティ問題」により、適切な客観価値モデルが存在しないため、我々の命題が価格変動に反映される前に価格が5倍になる可能性もあります」

結果がどうであれ、リップルは自身が最も魅惑的な仮想通貨の一つであることを証明しました。

5 Reasons Why The Ripple (XRP) Price Continues To Surge In The Face Of Crypto Market Corrections

Dec. 22, 2017 by Jesse Damiani

参考記事はこちらから
リップルニュース一覧
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/13 木曜日
18:07
シバイヌ(SHIB)のDeFi市場の利便性が拡大、ShibaSwapの進化
時価総額でトップ2のミームコイン、暗号資産(仮想通貨)シバイヌ(SHIB)エコシステムのDeFi市場が拡大中。ShibaSwap 2.0のアップグレードとShibarium対応により、取引手数料の削減やスケーラビリティの向上が期待される。
17:24
「BEER」前日比76%急落、一部回復もミームコイン市場のリスクが浮き彫りに
暗号資産(仮想通貨)のミームコイン「ビアコイン(BEER)」が13日に一時76%急落した。その後一時反発するも、ミームコイン市場のリスクが再び浮き彫りとなっている。
16:26
2024年注目の暗号資産アプトス(APT)の買い方とおすすめ取引所
アプトス(APT)の特徴や将来性、リスクを詳しく解説し、投資対象としての暗号資産(仮想通貨)APTの買い方を紹介します。おすすめの取引所の口座開設、注文方法も掲載。
16:26
取引所の貸暗号資産サービスを徹底比較 より高利回りを狙う方法
ビットコインなど長期保有する暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、利息を受け取る投資法であるレンディングサービス。仮想通貨取引所ごとにどのようなサービスがあるのか、主な特徴とメリットについて解説。
15:25
テラフォームラボ、米SECと44億7000万ドルの和解へ
暗号資産(仮想通貨)開発会社テラフォームラボは、2022年に崩壊したアルゴリズム型ステーブルコイン「TerraUSD(UST)」に関する詐欺行為で米SECと44億7000万ドルの和解に達した。
11:50
AIと仮想通貨の相乗効果で世界GDPに20兆ドル上乗せの可能性=Bitwise
Bitwiseのアナリストは、人工知能とビットコインなど仮想通貨の相乗効果により世界GDPに20兆ドルが追加される可能性を指摘した。
11:15
エアドロップの総額、24年の現時点で40億ドル相当
今年エアドロップされた仮想通貨の合計額は現時点で、およそ40億ドルに上ることがわかった。金額が大きいプロジェクトなどをThe Blockが報じている。
10:15
中国の習近平主席、ブロックチェーン「Conflux Network」開発者を称賛
中国の習近平国家主席はL1ブロックチェーン「Conflux Network」の主任研究員であるヤオ氏に称賛の手紙を送った。
09:35
テレグラムの「タップして稼ぐ」ゲームPixelverse、8.6億円調達
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは、事業拡大のために550万ドルを調達した。Notcoinが5月に大型のトークンエアドロップを実施し、テレグラムtap-to-earnゲームへの需要を大きく高めている。
08:05
バイデン米大統領も選挙キャンペーンで仮想通貨寄付の受け付けを検討か
ジョー・バイデン米大統領の選挙キャンペーンチームは、コインベース・コマースを通じて仮想通貨による寄付を受け入れることを検討しているようだ。
08:00
Glassnode、BTC価格と現物ETFの関係を分析
仮想通貨ビットコインの価格上昇には現物ETFの純粋な買い需要が必要な可能性があるとGlassnodeが分析。同様の見方は市場関係者からも上がっている。
07:30
メタマスク、イーサリアムの少額ステーキング機能をリリース
これまで、イーサリアムブロックチェーンで最低限必要とされる32ETH(1,780万円)以上を持っているユーザーだけが、Consensys社が運営するバリデータにネイティブにステークすることができたが、新機能では少額でもステーキングが可能となった。
07:05
ソラナラボ、顧客ロイヤルティ「Bond」を発表
Solana Labs社は、ブロックチェーン上で顧客ロイヤルティプログラムの立ち上げを検討している企業向けに、専用プラットフォーム「Bond」をローンチした。
06:15
ビットコイン反落、CPI鈍化もFRBが年内1回の利下げを示唆
仮想通貨ビットコインは12日夜発表の米5月CPIの弱いデータを受け、一時7万ドル手前まで急騰したが、13日早朝のFOMCでの今年の利下げ回数に関する予想を受け売られ再び68,000ドル台に落ち込んだ。
06/12 水曜日
18:42
OP Mainnet、ステージ1にランクアップ - Fault Proof実装でL2をリード
OP Mainnetがステージ1に到達し、Fault Proofを実装してセキュリティを強化しました。イーサリアムL2の中でもステージ2獲得に向けて一歩リードしている状況

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア