仮想通貨「NEM/XEM(ネム)」が急騰、国内大手Zaifがカタパルトトークンの付与を発表

Zaifがカタパルトトークン付与対応を発表
仮想通貨取引所Zaifは17日、仮想通貨NEM(XEM)の大型アップデート”カタパルト”への対応方針について、XEM保有数量に応じて利用者のアカウントに”カタパルト トークン”の付与を発表。これを受け、NEM価格が高騰している。

Zaifがカタパルトトークン付与対応を発表

仮想通貨取引所Zaifは17日、仮想通貨NEM(XEM)の大型アップデート”Catapult”への対応方針に関して、公式発表を行なった。

2020年1QにNEMの技術アップデート「Catapult」が予定され、本アップデートでは、NEMのネットワークが新設されるなかで、新しいトークンとして”Catapult トークン”が発生する。

“Catapult トークン”については、アップデート当日のXEMの保有残高に応じて同数量の付与を受ける権利が発生するなか、Zaifは、利用者のXEM保有数量に応じて利用者のアカウントに”Catapult トークン”を付与することを発表した。

スケジュール詳細は、追って案内するとしている。

10/18追記:NEM財団理事長の見解

NEM財団のAlexandra Tinsman理事長はコインポストの「金融庁など規正当局との連携は取れているのか」との質問に対し、以下のように回答した。

具体的に名指しはできないが、NEM財団はすでに複数の規制当局と連携しており、複数の仮想通貨取引所からもサポート及びフィードバックを受けている。

より詳しい内容は、来月中に説明するとしている。また、同理事長は18日、カタパルトに関する”ブランディング”についても新たに言及した。

関連:ネム財団理事長、顧客目線の「カタパルト」ブランド構築で決意表明

NEMが急騰

これに伴い、日本国内の仮想通貨取引所が対応発表した安堵感などから、発表直後の17日15時時点で、前日比10%高を超える急騰を見せた。カタパルトなどの詳細については、以下の記事で解説している。

出典:Zaif

関連:大型アップデート控える”カタパルト”『ネム』の技術や今後の展望をわかりやすく解説

これに先駆け、仮想通貨NEMの「Catapultマイグレーション委員会」は9日、Catapultローンチに関する疑問に答えるコミュニティ向けのFAQ質問回答ページを公開。Catapultチェーン稼働後の既存NEMブロックチェーンの状況について、「新たなブロックチェーンと新トークンはCatapultとして誕生するが、既存のNEMブロックチェーンN1S1は継続して稼働する」と説明していた。

同委員会は、NEM財団・ネムスタジオ・ネムベンチャーズ・テックビューロ株式会社により構成される。

  • 取引所上場の予定に関して(どの取引所が新通貨に対応するか)
  • XEMの上場継続について

など重要項目における見解は、以下の記事を参照のこと。

CoinPostの関連記事

ネム(NEM)カタパルト移行で最新FAQ 新通貨の入手方法・仮想通貨XEMとの共存性など
仮想通貨NEMの「Catapultマイグレーション委員会」は、Catapultローンチに関する疑問に答える最新FAQを公開した。Catapultの通貨入手方法やXEMとの共存性、取引所の対応などを詳しく説明した。
仮想通貨市場に影響を及ぼす「重要ファンダ」一覧表|ビットコイン、リップルなど【11/13更新】
ビットコイン(BTC)やリップル(XRP)など、仮想通貨市場に影響を与え得る重要ファンダ一覧はこちら。あらかじめイベントをチェックしておくことで、トレードの投資判断に役立てることができる。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら