リップル社が新たなCMを放映か?

リップル社のCMが放映か

リップル社の公式CMが新たに放映される可能性が浮上した。

公式Youtubeで、ネット上で投稿された限定公開動画をCoinPost編集部が確認した。未だ一般的にリップル社が公開した情報では無いものの、情報ソースが公式であることから、信ぴょう性は極めて高い情報と見られる。

出典:youtube

確認された50秒の映像では、様々な場面でスマホを利用し、リップルの送金ソリューションで瞬時に金銭やり取りが完結する国際決済をテーマとする映像が確認された。なお、スローガンとして、「Got It(受け取った)」がつけられている。

映像の最後には、Ripple Netの利用企業「マネーグラム」や「サンタンデール」のロゴも確認された。

この映像のディスクリプションでは、「ビジネスを拡大する人にとっても、家族や恋人に送金する人にとっても、国際送金は容易であるべきだ。だから、数百以上の銀行と決済企業はリップルの技術を利用し、信頼できる決済エクスペリエンスを顧客に届けている。」と、Ripple Netに関する説明文が記載されている。

CoinPostの注目記事

仮想通貨の実用性で区別を リップル社幹部、規制当局に理解求める 
米リップル社のグローバル機関投資市場を率いるBreanne Madigan氏は、仮想通貨におけるユースケースの重要性を説いたうえで、仮想通貨XRPの立ち位置と利用ケースに改めて言及。最も注目するユースケースについても触れた。
リップル社Q3最新レポート 仮想通貨XRP販売総額が大幅に減少 FUD応対も
リップル社はQ3の「XRPマーケット報告書」を公表した。 Q3のXRP販売総額、ODLの成長およびSNS上のFUDへの応対について報告している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら