CZ氏が語るバイナンスの中長期目標は「次世代のGAFA」 仮想通貨業界を主導する存在なるか

バイナンスの影響力

世界最大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏は、バイナンスが次のGoogleやAmazonになる(次世代のGAFA)と、中長期目標を語った。ロシアメディアが報じた。

バイナンスは今月21日にも、本家Binance.comで取り扱う初の法定通貨としてロシアルーブル(RUB)を採用。約二週間以内の取引開始するを発表しており、Binance関連で高い注目を集める国の一つだ。

CZ氏はロシアメディアのインタビューの中で、近い将来ロシアでデジタルマネーの規制が法制化されると信じていると語り、ルーブルを採用するバイナンスとしても、犯罪抑止のため、限定したユーザーの情報をロシアの金融規制機関に提供する場合があることを明かした。

犯罪に関与する人々に、バイナンスを利用しないよう警告する形で以下の様に続けた。

「バイナンスは、どの規制機関にも情報を提供しているわけではない。ただし、個別には対応する。仮想通貨を使って犯罪を実行する場合は、バイナンスは利用しない方がよい」と牽制した。

最後に仮想通貨業界で影響力のあるロシアの人物について述べたCZ氏は、ロシアのプーチン大統領を最も影響力のある人物だと考えているとしたほか、イーサリアム2.0へのアップグレードが成功することで、イーサリアム共同設立者Vitalik Buterin氏もより高い影響力を持つようになるとコメントした。

参考資料 : RBC

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所バイナンス 初の法定通貨建て取引を提供へ
Binanceは、大元の取引所でも法定通貨建て取引を提供する初めての計画を明かした。最初となる法定通貨はロシアルーブル(RUB)で、約二週間以内に開始する目処になる。
バイナンスの仮想通貨先物取引所、BTC取引の最大レバレッジを125倍に引き上げ
仮想通貨取引所バイナンスが運営する先物取引所「Binance Futures」のBTC/USDTペアで、最大レバレッジが125倍に引き上げられた。同取引所は先物商品でBitMEXに次ぐ世界2位まで出来高が増加している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら